会話が続かない…たった2つのコツでどんどん会話を弾ませる方法

人見知りでもコミュ障でもぼっちでも誰でもおいで!元いじめられっ子のぼっちの僕が、間違いのない出会いイベントの選び方を教える!

リクです、こんばんは。

初対面の方との会話で何を話せばいいのか分からず沈黙ばかりだったり、会話が続かなくて困ったことはありませんか?

「初デートにはたくさん誘われるのに、会話が盛り上がらなくて次のお誘いがない…」

「いつも頑張って話そうとして空回ってしまい、相手のテンションが目に見えて落ちてしまう…」

 

そんなあなたは、会話を少しだけ工夫して楽しい時間が過ごせれば次もあるかもしれませんよ!とにかく、会話はキャッチボールです。相手が受け取ってほしいところに反応して手を伸ばし、相手が受け取りやすいように返すことです。

会話が苦手で続かない…とお悩みのあなた。

ポンポン会話が弾んで、笑顔でトーク出来、「次もまた会いたいな」と思われるようになるコツをお伝えします!

ラクな道ではありませんが、きっとあなたの悩みを解決するためのヒントになるはずです!

会話が続かないのは知識と経験不足。センスはいらない!

会話を続けるのに特別才能やセンスは必要ありません。

何を話したらいいか分からないなら、話題のパターンや返し方のパターンを学び、実践して練習していくうちに誰でもある程度会話が出来るようになります。

何を話せばいいかわからない、相手の話にどう返していいか分からない。

相手に興味が無いわけじゃないのに、相手に「つまらなそうだね」と言われてしまう…心当たりはありませんか?

新しい友人や恋人候補との出会いを求めて外に出るなら、会話が続かないのは致命的な欠点になりかねません。

だって第一印象が悪かったり会話がつまらない人とは、連絡先を交換してまた会おうとは誰も思いませんよね。

だからと言って諦める必要はどこにもありません!

人はいつからでも変われます。今日、いまこの瞬間からでも。

 

相手が受け取って欲しい部分に反応する

「会話のキャッチボール」は会話中、常に頭に入れておいてほしいキーワードです。

キャッチボールってお互いが、お互いのボールをしっかりと受け取って、相手に受け取りやすいコースで投げ返していますよね。

このイメージは常に忘れないでほしいのです。

駄目なパターン

爽やかスポーツマン系のショウくん
ユウコさん、聞いてくれよ! この前、母校の◯✕高校が43年ぶりに!なんと、43年ぶりに甲子園出場を果たしたんだよ!!おれも昔はファースト守っててさ、ずっと県大会2回戦止まりだったんだけどさ…すごいよな?!(新聞を片手に、興奮気味に) 
正直でサバサバ系なユウコさん
へえ、すごいね。(雑誌から目も上げずに、興味なさそうに)

皆さんならどこが駄目か、お分かり頂けると思います。

いくらユウコさんが野球に興味がなくても、これはちょっとショウくんが可哀想です。

キャッチボールに例えれば、ショウくんが熱くズバッと投げた球をユウコさんはぽいっといい加減に、ショウくんに届かないような球を投げ返しているのです。

ショウくんの話した情報量100文字に比べて、ユウコさんはたった6文字で、それも興味なさそうに返しているのです。

あなたがショウくんの立場ならどうですか?なんだか話をきちんと聞いてもらえていないな、と悲しくなりませんか?

これではキャッチボールが成り立っていませんよね。

ショウくんと同じく100文字くらいで返す必要はありませんが、ショウくんの反応してほしいポイント(太字)をしっかりと汲みとってあげて、そこに反応を返すのがよいコミュニケーションです。




良いパターン1.  もっと話題を掘り下げる

爽やかスポーツマン系のショウくん
 なあ、聞いてくれよ!この前、母校の◯✕高校が43年ぶりに!なんと、43年ぶりに甲子園出場を果たしたんだよ!!おれも昔はファースト守っててさ、ずっと県大会2回戦止まりだったんだけどさ…すごいよな?!(新聞を片手に、興奮気味に)
元気でアクティブなハルカさん
43年ぶり?!それはスゴイね!どうしたんだろう、指導力のある監督やいい選手が入ったのかな?(雑誌から目を上げ、しっかりショウくんの目を見て)

お互い野球好きなら、このように情報(今回はWhy,なぜ甲子園に行けたのか)に焦点を当てて掘り下げるのも良いです。

相手が野球好きで母校の事情に詳しければ、もっとペラペラと気持ちよく喋ってくれるでしょう。

話題を掘り下げる質問は5W1Hが基本です。これだけ覚えておけば、相手の話題にいい感じに質問して会話が続きます!

When:いつ

例:その趣味、いつからハマってるの?

Where:どこで

例:そのセール、どこでやってるの?

Who:だれと

例:旅行、だれと行ったの?

What:なにを

例:北海道行って、何をしたの?

Why:なぜ

例:どうしてそうなったのかな?

How:どのように

例:それ、どうやってやったの?

 

良いパターン2.  感情に焦点を当て、掘り下げる

「情報」そのものよりも「感情」に焦点を当てるやり方もあります。

爽やかスポーツマン系のショウくん
 なあ、聞いてくれよ!この前、母校の◯✕高校が43年ぶりに!なんと、43年ぶりに甲子園出場を果たしたんだよ!!おれも昔はファースト守っててさ、ずっと県大会2回戦止まりだったんだけどさ…すごいよな?!(新聞を片手に、興奮気味に)
元気でアクティブなハルカさん
へえ、43年ぶり?!ショウくんの後輩たち、めっちゃ頑張ったんだ!それは感動もひとしおだね!(雑誌から目を上げ、しっかりショウくんの目を見て)

このパターンは感情に焦点を当てているので、ハルカさんが野球に詳しくなくてもいい感じで返せるのがいいところ。

長文の内容では、相手の話した情報量の3~4割くらいで、自分の言葉でしっかり返してあげると印象が良くなります。

言葉だけでなく、きちんと相手のほうに身体も目も向けましょう。

ただ、会話が苦手な方がこのように返すためには知識を得て、ひたすら実践経験を積まないと難しいと思います。そのためには、

  • 話題のパターン
  • 相手の話への返し方のパターン
  • 話題の作り方

をしっかりと学ぶ必要があります。これらについては長くなるので、別の記事に書いてアップしていきます。

新幹線やバーで簡単に出会いを作れる!友達になれる初対面会話のコツ

まとめ

会話はキャッチボール。相手のボールを受け取ったら反応してほしいポイントを拾って、しっかり自分の言葉で投げ返そう!

昔はいじめられっこで超ネクラ、休み時間はひとりぼっちで国語辞書を読んでいたリクでした。

女子高生を監禁した男の名言!親友の条件とは?ドラマ「伝説の教師」

人見知りでも友達欲しい!失敗しない交流会.出会いイベントの選び方

保存







面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!