「ハリーポッターと呪いの子」にツッコミ!あらすじと感想~ネタバレ有

「ハリー.ポッターと呪いの子」あらすじと感想!名場面や名せりふにツッコミながらリクの感想を述べます!映画化はしないってよ!

ハリポタファン歴18年のリクです、こんばんは。

ハリポタシリーズの最新作「ハリーポッターと呪いの子」にツッコミまくります!感動の名場面.名セリフ、ツッコミどころを取り上げながら、あらすじと感想をまとめていきます。

おおいにネタバレ有ですので未読の方はご注意を!

映画化するってホント?「ファンタビ」との関係はある?あなたが知りたいこと、まるごと解説しちゃいます(^^)




ハリー.ポッターファン歴18年!僕とハリポタ

僕は中学生の頃からかれこれ18年、ハリーポッターシリーズの大ファンです。

いつもひとりぼっちで友だちがいなかったので …おっと、本が大好きなので、休み時間にはいつも分厚いハリーポッターの児童書を読んでいました。

原作(英語版)は読んでいませんが、日本語訳は第一巻「賢者の石」~第七巻「死の秘宝」まで全て読み、映画も全作観ました!USJのハリポタエリアにも行きました!

ネットでは訳者松岡さんの翻訳が酷いとか叩かれてますが、僕は松岡佑子さんの味があってユニークな翻訳センス、好きですよ。英語版を読んでいないからかもしれませんが。

ペチュニアがリリーの姉だったり妹だったり、第六巻のタイトルが「混血のプリンス→謎のプリンス」になっているのは、ちょっとアレですけども。

このイギリス風のユーモアがふんだんに散りばめられたハリポタシリーズを日本語に訳すってすごく大変なことだと思うし、その言葉選びが古臭いところが逆にユニークです。

「だまらっしゃい!」(第一巻のダーズリー氏)

「もちのロン」「驚き、桃の木」(何巻かのロン)

などなど…今でも鮮烈に脳裏に焼き付いています(笑)

大阪にある遊園地USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)にはハリポタファン垂涎、ホグワーツやホグズミード村を再現した「ウィザーディング.オブ.ハリーポッター」というエリアがあるのですが…

初めて行ったときにテンション上がりすぎて3万円分もグリフィンドールのお土産を買い込み、所持金が2000円しかなくなったのはいい思い出です(笑)

戦利品、どや。グリフィンドール大好き。

ハリポタファン歴18年のリク
だって、Tシャツもパーカーもタオルもリストバンドも…ぜんぶ欲しかったんだもん。

 

「呪いの子」あらすじ.感想まとめ

 

第一幕~ハリーの息子とドラコの息子が逆転時計を手に入れる

キングス.クロス駅にて

ハリーが闇の帝王ヴォルデモートを打ち負かした「ホグワーツの戦い」(1998年)から19年が経過。ちょうど今年、2017年から物語の時間軸がスタートします。

ハリーは妻ジニーと3人の子どもを伴い、「キングス.クロス駅」に到着。子どもは長男ジェームズ、次男アルバス、長女リリー。

ハリーは魔法省で魔法法執行部長、ジニーは日刊予言者新聞のスポーツ紙面の記者になっています。

ハリポタファン歴18年のリク
ハリー、あれほど嫌っていた魔法省に入って役人になったのか!?まあ、闇祓いは必要なくなったしな…

 

この物語の主人公は次男アルバス.セブルス.ポッター。

ハリーとジニーの3人の子供の中で唯一ハリーの緑の目を受け継ぎ、ハリーにそっくりな容姿の男の子です。

アルバスのホグワーツ入学から物語は幕を開けます。

ハリポタファン歴18年のリク
亡くなった両親の名前を自分の子に付けるって発想がすごい。親と同じ名前で自分の子どもを呼ぶのってどんな気持ちなんだろう?

 

ハリーにとって両親はほとんど写真でしか姿を知らない、自分を守るために亡くなった、愛情あふれる誇るべき親だったのですからそうしたくなるのかもしれませんね。

ロンとハーマイオニーも子どもを連れて来ています。

ロンはジョージと一緒に悪戯専門店「ウィーズリー.ウィザード.ウィーズ」の経営をしています。ハーマイオニーはなんと魔法大臣!出世しましたね~!

 

ホグワーツ特急~生涯の友だちに出会う場所?

ロンとハーマイオニーの娘.ローズと、ドラコ.マルフォイの息子.スコーピウスもアルバスと同い年で、ホグワーツ特急に乗ります。

ローズは容姿がハーマイオニーにそっくり、その頭脳も受け継いだ抜け目のない女の子。アルバスに向かって、

「ホグワーツ特急の中で誰と友達になるのか、全員を評価して決めるの。(あなたも私も魔法界のヒーローの子どもだし、)みんなが友達になりたがるわよ」

というようなことを言い放ちます。

ハリポタファン歴18年のリク
おいおいおい、11歳にしてこの計算高さ、誰に似たんだ…ていうか、1巻のハーマイオニーもそんなこと考えてたらヤダな…

 

でもローズはハーマイオニーと違ってクィディッチが上手いという、ハーマイオニーとロンのいいところを受け継いだようなチート的女の子になっています(笑)

そしてなんと、ハリーそっくりなアルバスとドラコに瓜二つのスコーピウスがホグワーツ特急の中で出会い、すっかり意気投合します。

第一巻のハリーとロンの出会いを彷彿とさせるシーンで思わずニヤリ。

このスコーピウスは、あの皮肉屋でわがまま坊ちゃんで嫌な奴だったドラコ.マルフォイの息子とは思えないほど、心の底から優しくて良い子です。容姿はドラコそっくりですが。

ただ、死喰い人だったドラコのせいでスコーピウスは「ヴォルデモートの息子」という噂を流されており、同い年の子どもたちは誰もスコーピウスと友達になろうとしませんでした。

1人でぽつんとコンパートメントに座っているところをアルバスがやってきて、仲良くなるのです。

ローズはスコーピウスがヴォルデモートの息子だと噂されていることを知っており、露骨に嫌な顔をして「あなたのパパとママは死喰い人よ」など失礼なことを言い放って立ち去ります。

なのに、スコーピウスはローズに惚れたようです。その後数年にわたってローズを口説いています。

ハリポタファン歴18年のリク
スコーピウス超いい子だけど、ドMかよ?!

 

原作七巻のラストでロンが娘のローズに、「あいつ(スコーピウス)とあんまり仲良くなるなよ」と言っていましたが、これは仲良くなるフラグなのでしょうか?

 

まさかハリーの息子がスリザリン?!アルバスを苦しめる「父親の伝説」

アルバスは本人と周りの予想を見事に裏切って、スリザリンに組み分けされてしまいます。

周りのひんやりした失望がアルバスの心に重くのしかかります。救いは仲良くなったスコーピウスも同じスリザリンということだけ。

ハリーと違って箒に乗れず、呪文もあまり上手くない。おまけに代々グリフィンドールだったポッター家唯一のスリザリン。

アルバスは望みもしない伝説の重さに振り回され、苦しみます。

スコーピウス以外の友だちを作ることもなく暗い目をして、父親の存在を重く感じ始めます。

「生ける伝説で魔法界のヒーローである偉大なハリー.ポッターの息子」

生まれた時からそんな重荷を背負わされたら、とてもつらいでしょうね。

ハリーも、そんなアルバスを見てどう接したらいいのか分かりません。

お手本になる自分の父親もいなく、アルバスという少し難しい息子を持って初めて父親としての未熟さが露呈してきたようです。

そんなある日。アルバスとハリーは口論し、ハリーは親として言ってはいけない一言を言ってしまいます。

アルバス「僕の父さんじゃなかったらいいのに。」

ハリー「そうか。私もおまえが息子でなかったらいいのにと思うことがある。」

 

売り言葉に買い言葉で、本気じゃないにしろ…40歳近い父親が14歳の息子の言葉にかっとなって言ってしまうのはまずいですね。

ハリポタファン歴18年のリク
ハリーの癇癪持ちはアラフォーになっても治っていないようだ。魔法界の有名なヒーローも完全無欠じゃないし、人間なんだもんな。

 

ジニーはそんなハリーをひとことも責めず、落ち込むハリーを優しく包み込みます。ジニーはすごく母親らしくて、愛情あふれた素敵なお母さんなんです。

ハリーは自分の父親もいなかったことだし、アルバスと一緒に悩み、苦しみながらも徐々に父親になっていくのでしょう。

ハリポタファン歴18年のリク
親になるって想像以上に大変なことなんだなあ。なったことがないので分からないけど。。。

 

逆転時計でセドリックを取り戻せ

アルバスはある日、ハリーとセドリックの父親エイモス.ディゴリーの話を立ち聞きしてしまいます。

セドリック.ディゴリーは25年前の三校対抗試合(第四巻「炎のゴブレット」参照)でハリーとともにホグワーツ代表として戦い、決勝戦でヴォルデモートに殺された青年です。

 

時間を過去に戻せる「逆転時計」が魔法省に保管されているということを聞きつけたエイモスは、逆転時計を使って殺された息子セドリックを返してほしいとハリーに哀願します。

ハリーは「逆転時計」など無いと嘘をついてエイモスを帰しますが、それを聞いていたアルバスの心の中にある決心が芽生えます。

「父さんが助けられなかったセドリックを、逆転時計を使って取り戻す」

と。

そして親友スコーピウスと、エイモス.ディゴリーの姪であるデルフィーニ.ディゴリー(通称デルフィー)とともに3人で冒険に出ます。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の冒険を思い出させますね~。

 

第一幕のまとめ

  • ハリーとかつての宿敵ドラコの息子同士、アルバスとスコーピウスが親友に!ともにスリザリンに組み分けされた。
  • アルバスは望みもしない父親の伝説の重さに苦しみ、ハリーとの関係が悪化する。
  • アルバスとスコーピウスは、セドリックのいとこにあたる女性デルフィーと3人で「逆転時計」を使い、セドリックを取り戻す時間の旅に出た。
ハリポタファン歴18年のリク
うーん、まさか息子同士が仲良くなるとは。ハリーとドラコも今や和解したようだ。よかったよかった。




第二幕~もしもあの時~だったら…ささいなことで世界は変わる

魔法省から逆転時計を盗め

アルバス、スコーピウス、デルフィーはポリジュース薬でそれぞれロン、ハリー、ハーマイオニーに姿を変え、魔法省に潜入します。

魔法大臣であるハーマイオニーのオフィスにある「逆転時計」を盗むためです。

ここでのハイライトは、ロン(中身は14歳のアルバス)が本物のハーマイオニー(40歳)がオフィスに入ってくるのを防ぐために500回もキスしたところです。

ハリポタファン歴18年のリク
魔法大臣、オフィスラブすんなよ。ていうか、アルバス、お前…まさか熟女好み?!

 

スコーピウスも思わずあきれるべきか、ハイタッチすべきか迷ったようです(笑)

さてそんなアルバスの年の差奮闘のかいもあって、苦労の末に「逆転時計」を盗み出すことに成功します。

逆転時計を使ってアルバス達は1994年に戻り、三校対抗試合でセドリックが優勝しないように呪文で妨害する計画でした。そうすればセドリックがヴォルデモートに殺されることもなかったはずだと。

第一の課題、ドラゴンの場面に戻ったアルバス達は、クラムの所属校ダームストラングの制服を着て観客席にまぎれこみます。

ホグワーツの制服だと、ハリーとドラコにそっくりなアルバスとスコーピウスでは注意を引きすぎるからです。

そこでスコーピウスが、ローズそっくりの容姿をした若き日のハーマイオニーに話しかけてしまいます。

「ローズ?何してるの?」

と。

この行動が、のちにとんでもない事態をもたらしてしまいます。

 

別世界その1~もしもハーマイオニーがクラムとダンスしなかったら

逆転時計の効果が切れて現代に戻ったアルバス達。そこは、ロンとハーマイオニーが結婚しなかった世界になっていました。

ロンは第四巻「炎のゴブレット」のダンスパーティーでパートナーになったパドマ.パチルと結婚してパンジュという息子をもうけていました。悪戯専門店も経営しておらず、ずっと落ち着いた服装と髪型になっています。

ハーマイオニーは独身で、意地の悪い女教師になっていました。

つまり、ロンとハーマイオニーの娘のローズが生まれていない世界になってしまったのです。アルバスとスコーピウスはもう一度逆転時計で過去に戻り、ローズを取り戻す冒険に出ます。

なぜそんなことが起きたのか。

ダームストラングの制服を着た二人がハーマイオニーに話しかけたことで歴史が変わってしまったからです。

ダームストラングの生徒が自分に話しかけてきた直後にセドリックがドラゴンの課題に失敗したため、クラムが何か企んでいるのではないかと思ったハーマイオニー。

クラムからのダンスパーティーの誘いを断ってしまったのです。

ロンがハーマイオニーへの恋心に気づいたのは、クラムがハーマイオニーをダンスパーティーに誘ったからです。

クラムとハーマイオニーがダンスパーティーへ行かなければ、ロンとハーマイオニーは恋に落ちなかったのです。

 

別世界その2~もしもセドリックが三校対抗試合で落伍していたら

もう一度過去に戻りロンとハーマイオニーをくっつけるようにしてから、改めてセドリックを対抗試合で落伍させることにしたアルバスとスコーピウス。

第二の課題、湖での課題。セドリックを呪文で風船のように膨らんだ恥ずかしい姿にして、試合から脱落させてしまいます。

その結果、今度はアルバスが消えてしまいました。

アルバスばかりか、ハリー.ポッターまで死んでいる、ヴォルデモートが支配する最悪の闇の世界になってしまったのです!

 

第二幕のまとめ

  • アルバス達はセドリックの命を救うために、三校対抗試合でセドリックを失敗させようと試みた。
  • その結果、ローズやアルバス、ハリー.ポッターまでも消してしまい、ヴォルデモートが支配する闇の世界になってしまった。

 

第三幕~愛は世界を変える(24時間テレビ風)

スネイプとハーマイオニーとロンのレジスタンス

ヴォルデモートが支配する闇の世界。この世界のスコーピウスはホグワーツの王様として傲慢に振る舞っています。

マグル生まれを拷問させ、宿題は取り巻きや子分にやらせる始末。女子生徒からもかなり人気があり、学年いちの美女にダンスパーティーに誘われます。

この世界では「ホグワーツの戦い」でハリーやネビルが死んでおり、ヴォルデモートが勝利したことになっています。

スネイプ、ハーマイオニー、ロンはレジスタンスとして地下活動をしながらヴォルデモート軍に抗っています。

何故そうなったのか。

第二の課題で恥ずかしい状態で落伍してしまったセドリックは、死喰い人になってしまったのです!

それまではハンサムで監督生でクィディッチのキャプテン、ホグワーツ女子生徒の憧れの的、アイドルだったセドリック。

課題に失敗して辱められたセドリックはめちゃめちゃに傷つき、ふさぎこみ、怒れる若者になり…死喰い人になってしまったのです!

ハリポタファン歴18年のリク
…人生順風満帆なイケメンは挫折に弱いからなあ(ぼそっ)

 

そして、歴史のカギを握っていたネビルを殺してしまったのです。

「ホグワーツの戦い」でヴォルデモートを負かすためにはネビルが蛇のナギニを殺すことが必要でした。そのネビルが死んでしまったため、ヴォルデモートを負かすことができずにハリーも死んでしまったのです。

その結果…世界は闇に包まれ、最悪の状態になりました。

 

生涯リリーを愛し抜き、愛に生きたスネイプが報われた瞬間

最初は未来から来たというスコーピウスの話を信じなかったスネイプ。しかし、リリーの話を持ち出すと態度をがらりと変えます。

スネイプは子供の頃からずっと一途に、ハリーの母親.リリーだけを愛していました。

リリーが他の男、それも自分と憎み合っていたジェームズと結婚して子供を産んでも。その息子ハリーを守るためにリリーが死んでからもずっと…誰とも結婚せず、孤独で…

ヴォルデモートに殺される最後の瞬間まで、スネイプは愛したリリーのために生きていました。

スネイプがリリーのために死ぬほど危険な立場に身を置いてハリーを護り続け、その結果ハリーが生き延びることができ、息子にアルバス.セブルス.ポッターと名付けたこと。生涯愛したリリーの孫に自分の名前が付いていること。

それを知ったスネイプが、どんなに心を打たれたことでしょう。

報われることのなかったスネイプの愛が、別世界とはいえ報われた瞬間。とても感動しました。

 

ヴォルデモートが決して理解できなかった「愛」が、どんなにとてつもないパワーを人間に与えることか。

「愛」なしに生まれ、孤独に蝕まれてヴォルデモート卿になってしまったトム.リドルが心底哀れに思えました。

彼がもし、きちんと「愛」によって結ばれたちゃんとした両親のところに生まれていたら…

「愛」って素晴らしい!どんな魔法もかなわない力が「愛」にはあるんですね。時には目を曇らせ、人を傷つけることもあるけれど…

そしてスネイプ、ハーマイオニー、ロンの犠牲のおかげで、スコーピウスは第二の課題でセドリックを失敗させるのを防ぐことができ、現代に戻って無事アルバスと再会できたのでした。

 

ヴォルデモートの子がついに発覚?!

危険な世界を2度も体験したアルバス達。逆転時計など危険極まりない、壊してしまおうと考えます。

今の平和の世界が、どれだけの人の犠牲を払ってつくられているか。ひとりひとりの「死」に必ず意味があり、その人をどうにかして死なないようにすることが、必ずしも幸せな世界につながるわけではないのです。

亡くなった方たちには申し訳ないですが、そう思いました。

そこで、逆転時計を壊すのを阻止したのがデルフィーです。

なんと彼女はヴォルデモートとベラトリックス.レストレンジの娘だったのです!!(衝撃)

ハリポタファン歴18年のリク
なにっ?!ヴォルちゃん、あの不完全な身体で生殖能力持っていたのかよ?!

 

ウソだろー?って感じです。だってヴォルちゃんは、おっと、アバダケダブラされちゃう…

ヴォルデモートは分霊箱を作ったことで魂を引き裂き、とても人間には見えない蛇のような顔になってしまったし、肉体を蘇えらせた材料は父親の骨とワームテールの肉とハリーの血だけです。

そのヴォルデモートと子作りできるベラトリックスってどんだけ~(ドン引き~)

確かに、原作でまるで恋人のように「わが君…」と囁くベラトリックスは描かれていたけどさ。

ホグワーツの戦いの約1年前、つまり第7巻の始まりにはすでにデルフィーを仕込んでいたのかよ?!

うーむ、どうにも想像がつかない。ヴォルデモートもするのか…なんか笑ってしまうんだけど…

 

ヴォルデモートの子が復活させる闇の世界?!

デルフィーの出生のおぞましさはさておき。

デルフィーは父親であるヴォルデモートを取り戻そうと再度逆転時計を使い、もう一度セドリックを辱めようとします。

アルバスとスコーピウスはデルフィーに杖を折られ、縛られ、抵抗できない状態で1994年の三校対抗試合、決勝戦の迷路に連れてこられます。

デルフィーはスコーピウスを盾にアルバスに言うことを聞かせようとしますが…失敗します。迷路に現れたセドリックが、デルフィーから二人を救ってくれるのです!セドリックかっこいい!

アルバスとスコーピウスは迷路のゴールに向かうセドリックを引きとめられません。

セドリックを止めてセドリックの命を救えば、世界が滅びてしまうことを身をもって知ったから。

それでも、最後にこれだけを伝えます。

アルバス「あなたのお父さんは、あなたをとても愛していました。」

セドリック「ん、オーケー。ありがとう。」

美しくも、せつない場面でした。

 

デルフィーはセドリックを使って世界を暗くするのはあきらめ、今度はハリーの両親が殺された夜に移動します。

ヴォルデモートがハリーを襲うのさえ止めれば、ヴォルデモートが弱体化してハリーに力を与えることを防げるからです。

アルバスとスコーピウスは逆転時計を壊され、現代に戻る手段がなくなってしまいます。

 

第三幕のまとめ

  • 愛に生きたスネイプ、自分の名前が生涯愛したリリーの孫に付けられたことを知る。感動の名場面。
  • セドリックを救うことは、結局世界のためにならない。世界は、ほんの少し歯車が狂っただけでかくも変わってしまうもの。
  • デルフィーはヴォルデモートとベラトリックスの娘だった!
  • ヴォルデモートを取り戻すため、デルフィーは逆転時計でハリーの両親が殺された日へ…過去に取り残されたアルバスとスコーピウスはどうする?




第四幕~親子.仲間の絆でデルフィーと対決!

第四幕はヴォルデモートを復活させようと企むデルフィー vs アルバス.スコーピウス、ハリー、ジニー、ロン、ハーマイオニー、ドラコの物語です。

子供の頃あれだけいがみあって、お互いに嫌いあい、呪いをかけあっていたハリー.ロン.ハーマイオニーとドラコ。

その彼らが大人になって、息子たちを、世界を、救うために力を合わせて戦います。その結末やいかに…?!

第四幕の内容は、詳しくは書きません。

ただ、とても感動する良い話です。デルフィーとの対決、防ぎようがないハリーの両親の死、ハリーとアルバスの軋轢は…

全ハリポタファン必読です!

 

その他個人的名場面

ドラコが成長して素直になった!愛ってすごい!

ハリーが息子アルバスを護りたい一心で、「ヴォルデモートの息子」と噂されたスコーピウスと無理やり引き離させたとき。ドラコの父親としてのセリフにとても胸を打たれました。以下、意訳です。

「私は父親だ。私の息子はアルバスと引き離されて涙にくれている。なぜ仲の良い友人同士を切り離すのだ。」

私は君たち三人(ハリー、ロン、ハーマイオニー)がうらやましかった。私の周りにいたのはおべっか使いの取り巻きや、ボディガード程度にしかならないバカなクラッブとゴイルだけで本当の友だちではなかった。君たち三人はお互い好き合っていて、強い絆で結ばれていた。ところが、私は孤独だった。

私の父は変な奴と付き合わないようにと私を護っているつもりだったが、結果として私は孤独だった。孤独が私を本当に暗いところに追いやった。結果、私は死喰い人になった。トム.リドルも孤独だった結果、ヴォルデモートになってしまった。

「ハリー、アルバスを孤独にするな。唯一の親友、スコーピウスと引き離すなど….アルバスにはスコーピウスが必要なのだ。」

ドラコ、昔からは考えられないほど素直で愛情あふれる男になった!!

亡くなった奥さんアストリアの「愛」が彼を変えたんですね。スコーピウスが心の底から優しい子に育ったのも、アストリアのおかげですね。

やっぱり「愛」は偉大です。

 

映画化するの?どうなの?

原作者のJ.Kローリングさんは現時点では映画化のうわさを否定しています。

しかし、映画製作元のワーナー.ブラザーズから情報を得たと主張するジム.ヒルという人物は「ハリー.ポッターと呪いの子」が映画になる可能性も示唆しました。わー、気になる!

参照:J.K.ローリング、「ハリー・ポッターと呪いの子」映画製作のうわさを否定

個人的には映画化希望だけど、キャストが難しいかもな…

初代ダンブルドア役のリチャード.ハリスは亡くなっていますし、これ以上ないくらいのはまり役、スネイプ役のアラン.リックマンも亡くなっています。

ハリーたち3人を演じた俳優も大人に成長していますが、40歳前後の今作のハリーたちを演じるには早すぎます。かといって他の俳優ではイメージが変わっちゃう…

まあ、舞台ではまったく別の役者がすでに演じているんですけどね!

 

ファンタビとの関連は?(ファンタビネタバレ無し)

「呪いの子」と同時期に映画が公開された「ファンタスティックビースト(略称ファンタビ)」ですが、「呪いの子」を読んでいると「ああ、この魔法生物がアレかあ~!」とニヤリとできる瞬間があります。お楽しみに。

ファンタビの記事も近いうちに書きます!

ファンタビの主人公は魔法生物飼育学の教科書の著者、ニュート.スキャマンダーです。彼はハッフルパフ出身の魔法生物学者。ちなみに、イケメンです(笑)

ハリー達が生まれる50年以上前、ヴォルデモートでさえ生まれる前の1926年のニューヨークが舞台です。

「呪いの子」の90年ほど前の物語になります。「ハリポタ」シリーズの登場人物の遠い親戚も登場しますよ。

ちなみに、ハリーたちとともに戦ったレイブンクローの女の子、ルーナはニュート.スキャマンダーの孫と結婚しています!!大人になると、しわしわ角スノーカックなんて居ないんだ、ということも受け入れたようです。

ハリポタファン歴18年のリク
「呪いの子」、感動だったなー。1800円(税別)は高かったけど、原作ファンにはその価値あり!!

 

◆Amazonでなら特製ホグワーツMAPがついてくる限定版!「ハリー.ポッターと呪いの子」

◆ハッフルパフ出身の魔法生物学者ニュート.スキャマンダー(イケメン!)が主人公!「ファンタスティックビースト」

◆スマートな文庫版で「ハリー.ポッター」シリーズ全巻まとめて大人買い!

まとめ

・「ハリーポッターと呪いの子」は原作ファンなら誰もがにやけてしまう名場面、名セリフが詰まった名作!スネイプの愛が報われてよかった!

・ドラコが素直になって男を上げた!ハリーは40歳過ぎていまだに癇癪持ちな件w こじれた父親と息子の関係も最後はホロリ、ファンなら感動すること間違いなし!

・訳者の松岡さん節は今作も健在!どこにもないユニークなセンスに思わずニヤリ。

ハリポタの魔法が使えたら「エクスペクト.パトローナム」が使いたいリクでした。僕の守護霊は銀のライオンがいいなあ!

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存







面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪

4 件のコメント

  • ハリー・ポッターと呪いの子とっても面白そうですね!!
    記事読ませて頂いて、呪いの子を買うことに決めました!ありがとうございました!

    ハリポタ呪いの子を語るオフ会とかもぜひ開いてください!(笑)

    • ハーマイオニーさん、とっても嬉しいコメントをありがとうございます!!(^^)

      「呪いの子」、どうかなあ…と思って本屋で立ち読みしてたんですけど,
      気づいたら30分以上読んでて、思わず買ってしまいました!!
      あまりに予想を裏切る展開の数々に目が離せなくて!

      呪いの子を語るオフ会、いいですね~!趣味の合う人同士で集う場を作っていきたいので、ガチで検討します!!

      その時は遊びに来てくれたらめっちゃ嬉しいです(^^*)

      • リクさん

        予想を裏切るような展開がたくさんあるんですね!!もうその情報だけでわくわくが止まりません!!
        リクさんが書いて下さったドラコやスネイプのセリフに
        「やっぱりハリー・ポッターって愛の物語だなー。」
        と読んでもないのに勝手に感動してしまいました。。。(笑)

        オフ会あったら絶対参加します!!!みんなでハリポタを語れる日を楽しみにしてまーす(^^)

        • ハーマイオニーさん

          嬉しいコメントをありがとうございます!(^^)

          あのドラコを素直に優しく変えたのも「愛」だし、ハリーだけでなく
          アルバスやスコーピウスを救ったのも、スネイプのひたすら一途なリリーへの「愛」でしたね。

          やっぱりハリー・ポッターは愛の物語です!
          時に傷つくこともあるけど、「愛」は素晴らしいものだと実感しました。

          オフ会は4月以降、徐々に始めていきます!是非是非、遊びに来てくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

    「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


    名前:リク
    属性:アラサー男子
    居住地:神奈川県横浜市
    趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

    詳細プロフィールはこちら!