群馬みなかみバンジージャンプ体験談!事故は無し?料金.予約方法は

バンジージャンプとスリルが大好きなリクです、こんばんは!

群馬県みなかみ町に行き、42mの高さの橋からバンジージャンプしてきました!

「バンジージャンプ、やってみたいけど事故とか大丈夫?」

「群馬って草津温泉以外に面白い観光スポットあったっけ?」

「夏休みに家族を連れて遊びに行ける、温泉があって自然豊かで遊べるところはないかな?」

そんなあなたの疑問にズバッとお答えします!!

みなかみは関東イチ、自然と遊ぶアクティビティが充実した楽しい町です!!

登山、バンジージャンプ、カヌー、キャニオニング、ラフティング、パラグライダー、ケイビング(洞窟探検)、冬はスキー.スノボだってできます!

この記事は指原莉乃や山本彩など多くの芸能人がテレビのロケで訪れたみなかみバンジージャンプのレポート記事です!

神奈川や都内から日帰りもできますし、谷川岳や諏訪渓など雄大な自然に癒され、自然と遊んで、温泉にも入れて…家族全員が1日中楽しめて癒されること間違いなし!

退屈な日常をぶっ壊せること間違いなしのバンジージャンプ、あなたも飛んでみませんか?




群馬県みなかみ町で雄大な自然とあそぼう

今回紹介するのは群馬県北部、利根郡みなかみ町にある「バンジージャパン みなかみバンジー」です。

群馬と新潟の県境にそびえる谷川岳。標高1977m、日本海や富士山を見渡すことができ、登山客にたいへん人気の名峰です。

この谷川岳と、日本一の利根川をいっぺんに眺められる「諏訪峡大橋」からバンジージャンプするのです。

この諏訪峡大橋は春の新緑から冬の雪景色まで四季折々の表情を見せてくれます。

毎日満員電車に揺られ、人.人.人…と人がゴミのよう…たくさんいる地域で通勤.通学している方には、きっと非常に新鮮で何年経っても心に残る雄大な景色を楽しめると思います。

 

Minakami-Suwakyo真夏の諏訪峡大橋から。都会ではなかなか見られない風景にため息。

諏訪峡の絶景と…みなかみバンジージャンプ体験記

みなかみバンジーは諏訪峡大橋から約42mの高さを飛び降りるブリッジバンジーです。

42mというと、オフィスビルだと10階ぐらいの高さになると思います。

体重を測定してそれに合ったハーネスを身に付け、あとはスタッフさんの指示があればいつでも飛べます。

ただし、年齢と体重制限がありますので、詳しいことはこちらの予約ページから確認してください。予約は24時間インターネットから、または営業時間内の電話予約も出来ます。

Minakami-bungyjump

下を見ると思わず足がすくむ高さ。でも、勇気を持って一歩踏み出した先に新しい世界が開けている。

毎年富士急ハイランドに行くほどには絶叫マシンが大好きな僕は、非常にワクワクして飛びに行きました。

でも、ハーネスの装着を終えてジャンプ台の先に立ち、10階建てのビルの高さから真下に流れる利根川を眺めた時には、真夏だというのに冷や汗が背中を流れた気がしました。

いつになく心臓がドクドクと大きく脈打つのを感じ、耳をすませば…いや、すまさなくても心臓の音が聞こえてきそうなぐらいでした。足をなかなか前に出せません。だってもうあと半歩踏み出したら落ちちゃう!そう思うと足がすくみました。

絶叫マシンとスリルが大好きなリク
怖い!超怖い怖い怖い!!まじで一歩も動けない!

 

僕は高いところなんかぜんぜん怖くないはずなのに、緊張もめったにしないし絶叫マシンも得意なのに、なんでこんなに心臓がバクバクして足が前に進まないんだろうと思いました。

ハーネスを身につけていつでも落ちられる状態で下を眺めていると、恐怖心が秒ごとに倍増してどんどん足が重くなっていく気がしました。

正直、自分がここまで恐怖心を感じるとは予想外でした。

しかし、このままではなんのために群馬まで来たのか。よっぽど運が悪くなきゃ死にゃしない。いや、死んでたまるか。ここまで来たら飛び込まなきゃ人生、損だぜ…と言い聞かせました。

この恐怖を越えた先に、きっと何かがある。真下を見るな。目の前の絶景に集中して、あとはゆっくりと両手を広げて鳥になるんだ。

I can fly.(窪塚さんごめんなさい)

ジャンプ台の先端で両手を広げ、ゆっくりと身体を前に倒して落ちていきました。いったん落ちると、あとはもの凄いスピードで落ちていき、何度か空中でバウンドして…強い風を全身で感じ、飛んでいました。

絶叫マシンとスリルが大好きなリク
これ、めっっっちゃ楽しい!!一歩踏み出した先には地上じゃ絶対に味わえない楽しみと爽快感があった!!

 

気がついたら自然と笑顔がこぼれていました。真下の利根川でボートに乗ってこちらを眺めている人たちにピースしていました。(笑)

あんな速さで空中を飛ぶなんてなかなか出来ない経験です。飛び降りて、勢いのまま空中に打ち上げられて、また落ちて…まるでバスケットボールのようにばいんばいーんと上下に身体がバウンドさせられながら、回転していきます。

くるくる変わる視点から、抜けるように青い空、まぶしい太陽の光、緑いっぱいの山々、白いしぶきをあげて激しく急流下りするボートなどをぼーっと眺めていました。

バンジージャンプを終えると、勇者のあかし認定証がもらえます。

この認定証と身分証明書があると、同シーズン内で再び飛ぶときは割引料金が適用されます!

勇気を出して恐怖に立ち向かった先には、今まで見たことのなかった景色が広がっていてとても感動しました。

新しい世界に飛び込むにあたって、はじめの一歩はすごく怖いんです。だって、今まで知らなかった、見たことのなかった世界に飛び込むわけですから、そりゃ怖いですよね。

新しいことを始めたり、知らない場所に行くのは誰でも怖いものです。

知らない人、知らない環境を恐れるのは人間が自分の命を守り平和に暮らしていくために必要な、正しい反応なんだと思います。

だから、「恐怖」自体は恥ずかしいことではありません。怖いものはきちんと怖がることが自分を守ることにもつながるのです。

でも、その「恐怖」を乗り越えて行動できたとき、はじめて本物の「勇気」が備わるのだと思います。

勇気があれば、空も飛べるはず…新しい環境に飛び込むのは怖くなくなるはず。

そして勇気を出して一歩を踏み出すことで、はじめて見える景色がある。

絶叫マシンとスリルが大好きなリク
バンジージャンプを通して、やったことがないことに勇気を出してチャレンジすることで人としての枠が広がり、今まで味わったことのないような感動と達成感が味わえるのだと思いました!バンジー、おすすめです!

 

Minakami-bungyjump_certification

無事バンジージャンプを終えるともらえる認定証。勇気を持って立ち向かい恐怖を克服した時、人は大きく成長する…




やってみたいけど怖い…事故ってあるの?

「バンジージャンプ、興味はあるんだけど事故で紐が切れたら死んじゃうじゃん」

「よく飛ぶよね。こわくないの?」

ってたまに聞かれます。

結論、日本国内のバンジージャンプ業者はきちんと訓練と認定を受けた本物のプロフェッショナルであり、器具のメンテナンスも毎年行われています。ゆえに、死亡事故はほぼ起きていません!

「ほぼ」というのは、実は1995年に愛知県で痛ましい事故が起きました。

しかし、それは恐怖にかられたお客さんが命綱をつけていないスタッフの足をつかんでジャンプしてしまい残念な事故に…というものです。

つまり、皆さんが連想するような、ヒモが切れて死んでしまったり大けがをしたりという事故は日本では起きていません!!

群馬県のみなかみ(42m)や猿ヶ京(62m)、茨城県の竜神大吊橋(100m)など日本国内でバンジージャンプ施設をいくつか展開する会社「バンジージャパン」は、最高レベルの訓練を受けたスタッフ、二重三重の安全チェック、器具のメンテナンスなど安全性はバッチリお墨付きです!

色々な自治体と協力して契約関係を結べているのですから、きちんとした会社であることは間違いありません。

こちらは、公式サイトからの引用です。

バンジージャンプは現在日本唯一のプロフェッショナルバンジージャンプ会社として確立されています。公共のインフラを利用し自治体や行政と協力しあって契約を結んでいるのは当社だけです。

ジャンプの前に体重を測り、個々の体重に合わせてバンジーの器具を調整します。

ジャンパーの安全を確実にするため、安全手順について徹底的にこだわり、二 重、三重にチェックをしています。バンジージャンプを提供するにあたり、人為的なミスをなくすよう設計された箇条書きのチェック項目のある厳格なガイドラインにもとづいた操作マニュアルに沿って行っております。

一連の安全チェックに加え、入手できる最高の器具のみを使用し、器具全てが日々メンテナンスされ ており、各シーズンの初めにはすべての器具や装備を新しいものに交換しています。

より確かな安全を保証するため、少なくとも2名のジャンプマスターを配置しています。

彼らはすべて国際の安全基準の認定を受けており、地域で採用された日本人スタッフは、バンジージャパンの認定ジャンプマスターより可能な限りの最高の訓練を受けています。

出典:バンジージャパンについて

だから、こちらの会社のバンジージャンプは安心して飛べますよ!

 

AKB48の指原莉乃やNMB48の山本彩も飛んだ!

余談ですが、AKB48やNMB48の有名メンバーも実際にここにバンジージャンプしに来ています。

3回もAKB総選挙1位になった指原莉乃は、ここでどうしても飛べなくて1人だけ泣いてリタイアし、ヘタレの称号を得ました。それがきっかけでヘタレキャラが定着し、ブログも面白いと評判になり、その他色々なことがあってブレイクしたんですね!(笑)

ギターが得意でスタイルのいいNMB48の山本彩も、ガラス張りのエレベーターに乗れないぐらい高所恐怖症なのに、泣きそうになりながらも恐怖を乗り越えて飛んでいきました。

だから、きっと皆さんも勇気ひとつあれば飛べます!(無責任)

 

カヌーにラフティングにパラグライダー…みなかみは自然アクティビティの宝庫!

みなかみ町ではバンジージャンプの他にも、自然と遊べるアクティビティが豊富です!

  • 谷川岳への登山
  • ボートで川下りするラフティングカヌー
  • 滝つぼに飛び込んだりウォータースライダーのように滑り降りたりロープで岩壁を登ったりと自然を全身で味わえるキャニオニング
  • ヘルメットにヘッドライトをつけてガチの洞窟探検ができるケイビング
  • 鳥になった気分で空から大自然を見下ろすパラグライダー

などなど、自然と遊ぶアウトドア系のアクティビティがたいへん充実しています。

僕はラフティングやキャニオニングも体験しているので、別の記事にまた書きます!

 

 

景観は美しい、自然たっぷり、温泉もあり、アクティビティはどれもこれも脳からアドレナリンが大放出されるぐらいエキサイティングで、みなかみ町は本当に素晴らしい町です!




みなかみバンジーの料金、営業時間、予約方法、アクセス

基本情報

営業日:4月~11月、火曜水曜以外毎日開催

営業時間:9:00~17:00 (最終受付:16:30)

料金:1回目8000円、同日2回目は5000円、その他バンジージャパンのサイトでバンジー経験があれば1000円割引。

予約方法:バンジージャパンみなかみのWebサイトから、または電話(0278-72-8133)で。

キャンセル料:前日50%、当日100%

ちなみに茨城の竜神大吊橋(100m)は通年営業しています。拠点ごとに営業日が違うので、公式サイトを確認してください。

地図

 

アクセス詳細

[普通列車の場合]

JR上越線「水上(みなかみ)」駅前のバス停「水上駅」から、上毛高原駅方面行きバス(関越交通)で「諏訪神社前(すわじんじゃまえ)」でまで約7分、運賃は2016年3月現在で330円(※)。バスは昼間ならだいたい1時間に1本程度はあります。

下車後、バスの進行方向とは反対方向に行くとすぐに「川上」の信号があります。この信号を右に曲がってしばらく行くと右手に「みなかみバンジー(MiNAKAMi BUNGY)」が見えてきます。

(※)バスの運賃や時刻検索はジョルダンのサイトで出発地に  水上駅〔関越交通〕 、到着地に 諏訪神社前(みなかみ町)〔関越交通〕 と入力すると出来ます。「バスのみで行きますか?」と聞かれるので、「はい」と選択しましょう。バスの時刻表は関越交通のサイトを参考にして下さい。

[新幹線の場合]

上越新幹線「上毛高原(じょうもうこうげん)」駅から、水上駅方面行きバス(関越交通)で「諏訪神社前」まで約10分、運賃は2016年3月現在で520円(※)。バスは昼間ならだいたい1時間に1本程度はあります。

下車後、バスの進行方向と同じ方向に行くとすぐに「川上」の信号があります。この信号を右に曲がってしばらく行くと右手に「みなかみバンジー(MiNAKAMi BUNGY)」が見えてきます。

(※)バスの運賃や時刻検索はジョルダンのサイトで出発地に  上毛高原駅〔関越交通〕 、到着地に 諏訪神社前(みなかみ町)〔関越交通〕 と入力すると出来ます。「バスのみで行きますか?」と聞かれるので、「はい」と選択しましょう。バスの時刻表は関越交通のサイトを参考にして下さい。

まとめ

バンジージャンプは、新たな環境に飛び込むのにぴったりな「恐怖を越える勇気」を授けてくれます!

・事故なんてめったに起きない!バンジージャンプ設備やスタッフ原因での国内死亡事例は無し!バンジージャパンは安全で問題ない会社!

・群馬県北部のみなかみ町は温泉、バンジー、ラフティング、キャニオニング、パラグライダーなど自然を駆使したアクティビティが豊富で一日いても飽きない!!

・谷川岳や利根川の大自然を擁しながらも、首都圏から日帰り可能。みなかみ町で自然とたっぷり遊んで体力.気力を充実させよう!

自然いっぱい、アクティビティいっぱいで癒されるみなかみ町が大好きなリクでした。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存







保存

面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!