【コスプレ潜入レポ】死にたいと思ったらワールドフェスタヨコハマへ

キューバの民族衣装を着たお姉さんと写真撮ってもらいました!ワールドフェスタヨコハマ2016フランスの貴族風民族衣装を着てモーツアルト感のある写真が撮れました!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!で世界中の民族衣装を楽しもう!

学校にも家にも居場所がなくて、昔はまいにち自殺を考えたぼっちブロガーのリクです、こんばんは。

当たり前ですけど、世界にはほんっとうに色んな人がいて、いろーんな生き方があるんです。

ちいさな日本のなかの、たった1つの学校や会社でうまくいかないからと言って、自ら人生を降りてしまうような選択はしないでほしい。そう思ってこのブログを書きました。

2016年10月8日(土)~9日(日)に横浜市の山下公園で行われたワールドフェスタヨコハマ2016に民族衣装着て行っちゃいました!世界の食べ物、歌と踊り、民芸品、民族衣装をがっつり楽しめるイベントです!

なんと今年で22回目、例年20万人程度が来場しているヨコハマの秋の風物詩になっているんです!

どんなに今の世界がしんどくてどん底だとしても、色々な世界、生き方や価値観があることを知っていればそこから逃げ出して新しい世界で生きることができます。

日本人とちがって、ラテン系の人たちなんてほぼ自殺しないとききます。

たとえ、強盗に追いかけられてカーチェイスを繰り広げても、「イエーイ!思い出が出来たね!踊ろうぜ~♪」なんて言っているような人たちです(笑)

こういうイベントで他の国の文化、価値観に触れることが「あなたの視野を広げ、考え方のパターンを増やし、辛い状況でも楽しく生きる」ことにつながると思います!

この記事を読んで少しでも興味を持った方、是非来年は行ってみてください♪

そして、つまらないことであなたの大切な命を投げ出すことのないよう世界中のいろんな国や価値観にふれ、柔軟に生きるという選択肢があることを知ってください。

人生、死ななきゃ絶対なんとでもなりますから。

ワールドフェスタヨコハマ2016とは?

イベント概要

 「ワールドフェスタヨコハマ2016は世界の食と文化を楽しめるイベントです!毎年秋、10月の連休頃に開催されています。

山下公園に各国の食べ物や民芸品のブースが並び、ステージでは歌や音楽、踊りやトークショーなどが行われます。

世界中のいろいろな人々の生き方、文化に触れるいい機会です!

世界の色々なおいしい食べ物を食べたり、珍しい民芸品を買ったり、1000円で好きな民族衣装を着られるレンタルショップもあります。

横浜にいながらにしてアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、南米…さまざまな国の独特の文化を体感できる、素敵なイベントです!

 

各国の特色あふれる物販ブース

こちらはペルーのブース。

ペルーの民芸品、ひょうたん細工やアンデスの音色を響かせるオカリナも!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園は世界の民芸品を売る「ワールドバザール」も売り!ペルーってどこ?などと言う人はおしおきです(笑)

アンデス山脈の音色を響かせるオカリナや、ひょうたん細工などが並んでいます。

お店の陽気なおっちゃんが時々オカリナを吹いて奏でてくれます。透き通った高い音色、癒されます。

中国の出店、テキトーすぎだろ(笑) まあわざわざテント張るよりワゴンのほうが楽でしょうけどね。

中国のソウルフード、肉まん、春巻きなど。ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の食べ物を楽しもう!中国といえば肉まん!なかなかかわいい店員さんが売っていました!

エクアドルの民芸品は帽子、ポンチョ、Tシャツなど衣類がメインです。

エクアドルの民芸品は帽子、Tシャツやポンチョなど衣服メイン。ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園は世界の民芸品を売る「ワールドバザール」も売り!エクアドルは赤道が通る国として有名!たぶん。

ちなみに、「エクアドル」とはスペイン語で「赤道」を意味する言葉です。エクアドルは赤道直下の国であり、赤道が通過する最高標高となる場所があります。

これだけだと「ふーん、で?」という感じですが、エクアドルでは赤道直下の国ならではの不思議な事象が体験できるんです!

たとえば、体重50kgの人ならエクアドルで測ると赤道直下現象で1kgほど軽くなるんです!

また、水の渦巻きは南・北半球で逆回転するので洋式トイレの水の流れ方は、北半球の日本と、南半球のオーストラリアでは逆方向になります。

そして境目となる赤道上では渦は巻かず、直下して水が落ちるのです!

詳しくはこちらの記事に!

参照:「何コレすごい!赤道直下の街、エクアドルのキトでは「釘の上に生卵が立つ」他」(外部サイト)

また、一昔前の携帯電話を「ガラケー」といいますが、これは外界と隔絶された空間の中で独自の進化を遂げた生物が多い「ガラパゴス諸島」からきています。

日本の携帯電話(ガラケー)は電話とメールとネットだけにとどまらず、おさいふケータイや着メロ機能など色々な機能がつき、海外のそれとはまったく異なる進化をしてきたところから、ガラパゴス諸島となぞらえて「ガラ(パゴス諸島みたいに独自の進化をした)ケー(タイ)」というわけです。

で、そのガラパゴス諸島はエクアドルにあるんです!!行きたくなりませんか?(笑)

ちなみに、ペルーやエクアドルはこのへんにあります。ブラジルのある南米大陸にあります。

こちらはチェコのブース。かわいらしい人形などの雑貨がメイン。

チェコの民芸品。人形などかわいらしい雑貨が多い。ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園は世界の民芸品を売る「ワールドバザール」も売り!チェコの雑貨ってどことなく懐かしく、かわいらしい。

チェコと言えばビールも名産なんですよ、意外ですけど。

ビールもワインも冷えてます!

まだ小さなかわいい売り子さんが一生懸命、呼び込みしていましたよ!

チェコビールやワインも冷えてます!かわいい売り子さんが一生懸命呼び込み!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の食べ物を楽しもう!やっぱりチェコはビール!

オーストラリアのオージービーフの出店!

牛ステーキ串、フィッシュ&チップス、ビールやワインなど。食べ歩きにピッタリ!

オーストラリアのオージービーフのステーキ串も!ビール、ワインと一緒に食べ歩きはいかが?ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の食べ物を楽しもう!オージービーフ、美味しいです!

死にたくなったらインド人やラテン人を見習って踊ろうぜ

こうしてみると、世界には本当に色んな人たち、色んな考え、色んな生き方があるんだなと実感できます。

冒頭でも書いたようにたくさんの価値観や世界を知ることは重要で、ひとつの世界しか知らない人は考えや価値観がこり固まってしまいます。

例えが良くないかもしれませんが、イジメや仕事が辛くて自ら死を選んでしまう人はほかの世界や生き方を知らない、または見えていないのだと思います。

なにもその学校や会社、人間関係に命をすり減らしてまでしがみつかなくたって、いっくらでも幸せに生きていけます。

ただ、追い詰められていると今の世界がどうしようもなく辛い⇒じゃあもう楽になってしまおう、誰も悲しまないし…というように大変視野が狭くなり、死ぬか、死ぬほどいやな会社(学校)に行くかの2択しか見えなくなってしまうものです。

僕もそう考えてしまったことが何度かありますが、今はテキトーに毎日楽しく笑って生きてますよ!

横浜大好きなハマっ子リク
人生、死ななければ絶対に何とかなります!!

死にたいと思っている君へ。かつての自殺志願者の僕が伝えたいこと

別に頑張らなくたって何もすごいこと成し遂げなくたって、なんとなくでも生きてるだけでいいんです。

あんまりマジメすぎる人、自分で自分を責めたり傷つけてしまう人は…

インド人やラテン人の楽観的、超ポジティブ、逆境でさえも楽しんじゃえ!踊ろうぜ!的な思考を見習ったほうがいいです。

世界中の出店が並び、楽しげな音楽を奏でるステージを見ながらふとそんなことを思いました。

世界の民族衣装を着て歩こう!

世界の民族衣装レンタルショップ(1着1000円!)

世界の民族衣装を着たきれいなお姉さんを見られるのも魅力ですが、なんといっても自分でも着られるのが大きな醍醐味です!

なんと、1着たったの1000円でレンタルしてます!時間制限はとくにないみたいです。僕は何も言われませんでした!

ふつう、衣装レンタルってもっと高いですよね。1000円ならあれこれ着てみたくなります!

色々な国の衣装がずらり。子供用も大人用もありますよ!選ぶのも楽しい!

民族衣装のレンタルショップ。なんと1着1000円でレンタル可能!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!ハイジっぽい衣装とかお姫様、ダンサーなど色々そろってます!

民族衣装のレンタルショップ。なんと1着1000円でレンタル可能!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!王子様、軍隊、街で踊る娘のドレスなど色々な衣装があって楽しい!

こんなの着てみました。

フィナーレではステージにも上げてもらいました!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!フランスの高貴なる民族衣装。モーツァルト感ハンパない。

フランスの貴族風衣装のようです。係りの方も自信なさげでしたのでもし間違ってても怒らないでください(笑)

なんとなく作曲家のモーツァルト感、ありません?結構高貴な身分の男性用衣装ですね。

横浜大好きなハマっ子リク
スニーカーで来なきゃよかったな…

楽譜のオブジェと噴水でモーツァルト感あふれる写真が撮れました。

フランスの貴族風民族衣装を着てモーツァルト感のある写真が撮れました!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!これで指揮棒やピアノがあったら完璧!

 

民族衣装を着たきれいなお姉さんと写真撮っちゃった!

民族衣装を着たお姉さんたちは、ステージイベントに出演していないときは会場内を歩いてビラ配りをしています。

声をかけると気軽に写真を撮ってくれますよ!もちろん日本語通じます!

これは…どこの民族衣装か聞くの忘れましたがヨーロッパ系っぽいですね。

どこかの民族衣装を着たお姉さんと写真撮ってもらいました!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!後ろ姿はきれいなお姉さん…いや、「お姉さん」だった。決しておb…ごほんごほん。

こちらはキューバの民族衣装を着たお姉さん。

南国の恵み、キューバのフルーツをたっぷり載せた頭がかわいいです。

キューバの民族衣装を着たお姉さんと写真撮ってもらいました!ワールドフェスタヨコハマ2016フランスの貴族風民族衣装を着てモーツアルト感のある写真が撮れました!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!で世界中の民族衣装を楽しもう!キューバのお姉さん、めっちゃ日本語上手でした!

この日は最終日ということもあり、フィナーレではこの民族衣装を着たお姉さんたちに囲まれて一緒にステージに上がっちゃいました!!

いやー、いい思い出ができました!

◆「佐賀のがばいばあちゃん」の著者.島田洋七が説く「死にたくなったら、辛いことを笑いに変えて楽しむ方法」

死にたいなあと思うこと、だれでも1度や2度はあると思います。

この本はいちど芸人として栄華を極めながらも没落し、一時は自殺を考えるほど追い込まれた芸人、島田洋七さんのエッセイです。

「自殺なんてするもんは贅沢ばい」

「夢はしょせん夢、かなわなかったら別の夢を作ればええだけ!」

「辛いことはボケだと思え」

など、思わずクスリと笑ってしまう教えが満載!

僕もこの世から消えたくてどうしようもなかった時にこの本を読み、すごく救われました。

生きてるって、それだけですばらしいんだ。

まとめ

・ワールドフェスタヨコハマ2016は世界各国の食や文化に触れられる毎年秋恒例、20万人規模のイベント!

・色んな文化に触れて自分の世界を広げ、辛いことがあっても自分が楽しく生きられる道を選べるようになろう。

「いつものメンバー」で固まらず、常に世界を広げていきたいリクでした。







保存

キューバの民族衣装を着たお姉さんと写真撮ってもらいました!ワールドフェスタヨコハマ2016フランスの貴族風民族衣装を着てモーツアルト感のある写真が撮れました!ワールドフェスタヨコハマ2016@山下公園で世界中の民族衣装を楽しもう!で世界中の民族衣装を楽しもう!

面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!