一生お金に困らない!香川の銭形砂絵の展望台の場所.アクセスは?

リクです、こんばんは。お金、みんな欲しいものですよね。

香川県観音寺市にある「銭形砂絵」を見てきました!これを見た人は一生健康でお金に不自由しなくなる、と言われています!

銭形砂絵を携帯の待ち受け写真にしていたり、宝くじを買う前に訪れる人もいるんですよ!行けば宝くじ、当たるのかな…

この記事は、はじめて「銭形砂絵」を見に行く方のための観光体験記です。アクセス方法や周辺のおすすめ讃岐うどん情報もばっちり!

このブログ記事の写真だけ見てもご利益があるかも?!

銭形砂絵の歴史となりたち

銭形砂絵は「寛永通宝(かんえいつうほう)」というお金を模した砂絵です。

幕府のエラい人が視察に来るというので村の人々が歓迎の意を示すために一夜にして作った、といわれています。すごい気合ですね…

香川県銭形砂絵のもとになった通貨、寛永通宝。寛永通宝。出典:Wikipedia

この寛永通宝は江戸時代から作られ始めて、幕末~明治初期頃まで約240年ほど使われてきました。

現行の1円硬貨や100円硬貨などはまだ50-60年程度の歴史しかありませんのでそれに比べたらとても長い間にわたって使用されてきた通貨といえます。

ちなみに、この観音寺市ではいまでもこの寛永通宝が通貨として1枚30円で使えるお店があります!ホンモノを生で見てみたいものです。

 

銭形砂絵のある琴弾公園へのアクセス

砂絵はJR観音寺(かんおんじ)駅から徒歩約20分の「琴弾公園(ことひきこうえん)」の中にあります。

観音寺駅から琴弾公園までは、のりあいバス(五郷高室線)という1回100円のバスでも行けます。

1日4便、2~3時間間隔なので利用する場合は時間を調べて余裕を持って行きましょう。

参考までにバスの公式サイトを載せますので、こちらから最新の時刻表や路線図を確認してください。

ちなみにタクシーなら3分~5分ということです。

道中、あちらこちらに寛永通宝を模したオブジェが配置されています。

香川県観音寺市、銭形砂絵のもとになった通貨、寛永通宝を模したマンホール寛永通宝のマンホール。

香川県観音寺市、銭形砂絵のもとになった通貨、寛永通宝を模した街灯街灯の下にも!

琴弾公園に着いてからも、銭形展望台を目指してひたすら坂道を10分ほどのぼります。

ツライ坂道ですが、がんばりましょう!この先には一生続く金運パワーが待ってるぞ!!ちなみに車でのぼることも出来ます。

 

一生お金に困らない!?銭形砂絵とごたいめーん!

そしてようやくご対面!瀬戸内海の青い海と銭形砂絵のコラボ!

香川県観音寺市、琴弾公園内の銭形砂絵!一生お金に困らない金運をゲット!見たものは一生健康でお金に不自由しないそうです!やったね!!

これできっと皆さんもお金に困らないぞ!(笑)やったー!!待ち受けにして宝くじ買ったらご利益あるかも!?

Kan-onji_zenigata-sunae2…だ、そうです。

銭形砂絵は、夜(日没~22:00)にはライトアップもされます。年末年始には終夜ライトアップ。うーん、見たい。また来よう。

香川県観音寺市、琴弾公園内の銭形砂絵は夜にはライトアップされます!ライトアップされた砂絵も見たい!夕焼けとのコラボがうまく撮れたら最高だろうなあ。




珍しいコインいっぱい!「世界のコイン館」

公園のふもとには「世界のコイン館」という面白そうな記念館がありました!

世界各国の珍しいコインや貨幣が展示してあります。

入場料は一般200円、小中学生100円です。それっぽい受付とかお姉さんとかはいない無人の館なので、お土産屋のレジで入場料を支払いましょう。

香川県観音寺市、銭形砂絵のある琴弾公園内の「世界のコイン館」。世界中のめずらしいコインや通貨、お金の話が学べます!世界各国の珍しいお金があります!「お金」にまつわるマメ知識も身につく!

Kan-onji_kotohiki-park-world-coin2

コイン館の入口で寛永通宝がお出迎え。入場料はお土産屋のレジで払ってね!

中は撮影禁止です。お金にまつわるおもしろい話も知れますし、珍しい貨幣や硬貨が展示してあるので時間がある方は寄ってみてはいかがでしょうか。

讃岐うどんがうまい!「きたのうどん」

暑い中、坂道を歩いて疲れたので琴弾公園入口近くにある讃岐うどんの店きたのうどんでお昼休憩。

ビールと一緒にぶっかけうどんを頂きました!

香川県観音寺市、銭形砂絵のある琴弾公園内の讃岐うどん店「きたのうどん」つるつるのうどんがうまい!

「きたのうどん」のぶっかけうどん。麺がつやつやしてるし、弾力もぜんぜん違う!文句無しに旨い!!

これがめっちゃ旨かったです!もう麺がつるっつる、もちもちしてて弾力がすごい!

歯ごたえがあって、出汁の味もあっさりしていい感じ。

どんどん箸が進みます。替え玉してもらえばよかったなー。やっぱり関東のうどんとはぜんぜん違いますね。

ちなみにトイレは男女共同の和式個室1つでした。清潔で、石けんと殺菌用アルコールもあったので安心です。

帰りに高松駅近くの「めりけんや」でも讃岐うどんを食べました。まあ美味しかったと思いますが、あまり印象に残っていません。僕は麺も出汁も「きたのうどん」のほうが好きですね。

Takamatsu-merikenya-sanukiudon

高松駅近くの「めりけんや」の肉うどん。まあまあ美味しいけど、「きたのうどん」のほうが好き。

やっぱり本場の讃岐うどんは美味しいですね。

この夏にも香川に来る予定なので、また美味しい讃岐うどんのお店を開拓して紹介していきます!

高松駅徒歩圏内で日曜営業、めちゃ美味しいおすすめ讃岐うどん厳選4選

 

まとめ

香川県観音寺市の琴弾公園内にある「銭形砂絵」は、見たものが一生お金に困らず健康でいられるという言い伝えがある!

  • 銭形砂絵、瀬戸内海に映えてすごくキレイ!夜にはライトアップされるし、一生に二度は見たい!
  • 琴弾公園内に世界中の珍しい貨幣を集めた「世界のコイン館」があるよ!撮影はできないけど、楽しいよ!
  • 近くの讃岐うどん店「きたのうどん」がめっちゃ美味しかった!超おすすめ!

今度は夜にライトアップされる銭形砂絵を見たいリクでした。




保存

保存







面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!