バチェラージャパン2のあらすじと感想#4「実家訪問!バチェラーの心に火をつけた父の想い」

バチェラージャパン2」にハマっているリク(@arco_riku)です。

容姿.学歴.経済力すべて兼ね備えた、1人のハイスペック独身男性を20人の女性が奪い合う恋愛サバイバル「バチェラージャパン2」もエピソード8を終え、いよいよ女性は最後の3人にしぼられました。

今回は「バチェラージャパン2」エピソード8のあらすじと感想です。

女性陣一人ひとりの実家にバチェラーが訪問し、ご家族と交流しながら彼女たちの新しい一面を発見していくという回でした。

以下、ふんだんにネタバレを含みますのでご注意ください!

▼ リクが斬る!バチェラージャパンの記事一覧

バチェラージャパン一覧

バチェラージャパン2の感想記事一覧

エピソード8のあらすじ~ご実家訪問編~

エピソード8では、女性4名のご実家へバチェラーが訪問!

北海道の福良さん、山梨の若尾さんと小口さん、京都の倉田さんの4家庭に訪問します。

バチェラーはご家族と交流しながら、これまで知ることができなかった彼女たちの新たな一面を発見し、彼女たちが育った環境やルーツを理解していきます。

そして苦渋の決断の末に女性1名が脱落し、今までにないほど号泣しながら感謝の言葉を述べるバチェラー。

残った3名の女性は次回、遂にバチェラーの実家を訪れます。



激戦を戦った参加女性.ご家族への感想

当たり前ですが、彼女たち一人ひとりに育ててくれたご家族がいて、それぞれの歴史があって、まだまだ知らない顔が沢山あるんですよね。

彼女たちの気質や歴史が育まれた理由を知るたびに、どの女性のことも心から応援したくなるほど気持ちが入っていきました。

将来の伴侶候補となる女性を選ぶため、バチェラーは今まで以上に真剣に向き合っていたと思います。

娘の相手としてどうか、バチェラーを見極めようとするお父さん。

イケメンバチェラーの訪問に、娘そっちのけで大はしゃぎするお母さん。

意外な顔を暴露したり、結婚を強力に後押しするお兄さん.お姉さん。

ああ、温かな家族っていいものですね。

「ああ、このご家族だからこの女性が出来たのか~。いい家族だなー」

とか、

「おーい、お父さーん!ツッコミきついぜっ!(汗)」

とか思いながら、ほっこりと見てました。

そして、今回は福良さんが脱落となりました。

ご家族を知っている分、バチェラーも非常に心苦しく、悩みに悩んだ末の決断だったと思います。

落とされた福良さんより、バチェラーのほうが、かつてないほど号泣していましたからね。

脱落しても笑顔で挨拶、泣きながらも必死に笑顔でインタビューに答える福良さんの健気な姿にグッときましたよ。

 

福良さんのお母様劇場!性格の良さを育んだご家庭にほっこり

明るく素直な福良さんを育てた、温かくて笑いが絶えない福良家。

母「うちは楽しいよーう。1時間だけって言ってたお客さんも、2,3時間は居るんだから」

母「だからって、まりか(福良さん)を選ばなくても良いからねw 他の人を選んでも、ぜんぜん遊びに来ていいから(バシバシ)」

母「まりかは肩書とか年収とか全然気にしないから。そんなんなら、とっくに結婚してるから。」

特に福良さんのお母さんが表情豊かで面白い!!娘より顔芸がうまく、キャラ立ちしてるかも?(笑)

この親にしてこの子ありというか、あの明るくてウソがなくて天真爛漫な福良さんを育てた素晴らしいご家族だなと。

福良さん、バチェラーとのご縁は残念ながらここまででしたが…初登場時の「何、この人!?」という衝撃からは想像もできないほど健闘したと思います!

本当にお疲れ様でした!

 

若尾さんのハイソで余裕あるご家庭、さすが若サマを生んだ家!

山梨の若尾さん家は、小高くて広々した庭とお洒落で大きな家が印象的。

秋晴れの青空の下、開放感あふれる庭でBBQを開いてバチェラーをもてなします。

お父さんもお母さんも洗練された身なりで、シャンとした方で、時間にもお金にも気持ちにも余裕があるような印象。

「さっすが、若サマのご両親!」という感じです。

せっせと肉を焼きながら、「綾香、なんにもしないからね~」といじるお父さん。

若サマをいじれるのはご家族ぐらいなので、貴重な場面が見られました(笑)

お兄さんも言っていましたが、やはり若尾さんはまだ仮面をかぶっていて、少しずつ確実にその仮面を外してきた感じはありますが、まだまだ本質を見せ切れていない状態ですね。

兄「もっと素をどんどん見せて、最後まで頑張れ」

という激励に、さすがお兄さん、良く見てるな~と。

バチェラーも、もっと若尾さんには弱いところとかダメなところも見せて欲しいと望んでいるようです。

生涯の伴侶になるには、とても大事なことですよね。

人に弱みを見せず、孤高に強く生きてきたように見える若尾さんにはとても難しいことかもしれませんが…

その点は、僕も共感できます。

僕は基本的に1人で生きてきたからか、他人に弱みや悩みを打ち明けたり、ほど良く甘えたりということがなかなか出来ないんです。

これから若尾さんがどう心を開いていくのか、バチェラーはそれをどう受け止めるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 

倉田さんの複雑だけどゆるくて笑いの絶えない家庭、めっちゃいい。

京都の平安神宮で待ち合わせた倉田さんとバチェラー。

倉田さん家は、風情ある川沿いの道に佇む、ごく普通のお家。

いやあ、秋の紅葉の京都、すっごく良い景色ですね!また行きたくなりましたよ。

倉田さんの家族構成は少し変わっており、倉田さんは小さい時にご両親が離婚して母親に引き取られますが、母親が別の男性と再婚することになり、今度は実のお父さんに引き取られたという経緯がありました。

きっと、一緒に暮らし始めた当初は色々と葛藤があったのではないでしょうか。

普通の人ならちょっと屈折してしまいそうな家庭環境の中、色々と話し合って気遣い合って乗り越えてきたんですね。

そんな倉田家はゆるーく、温かく、でもちゃんと話ができるような家庭。

またお姉さんがさすが関西人、といった感じでおもろく強烈なキャラでした(笑)

姉「林太郎さんは堅苦しい家族と、こんなアホみたいな家族、どっちが好きですか?」

姉「(姉が欲しかったというバチェラーに、自分を差して)お姉ちゃん、できますよ!」

姉「林太郎さんは、まみじゃないと結婚できひんと思うで。失敗してもいいから、まみ選んだらええねん」

失敗してもいいんかいw

お姉さん、明るくてゆるくて楽しい人ですねw

お父さんは穏やかな印象ですが、いつも娘のことを気にかけているような方。

父「もし結婚したときに、娘をほっとくような方やったら困るし。忙しくて、そんな時でもお手紙のやりとりとかできるようなね」

言下に「君、すごく多忙だろうけど、本当に娘を大事にしてくれるんだろうな?」という意味を含ませているような、重みのあるお父さんの言葉。

もちろん言い方はとてもソフトで、厳しく突っ込んだ感じではありませんでしたが、それでも娘.倉田さんの幸せを本気で願う親としての深い愛情を感じました。

倉田さんは複雑な家庭の中で、お互い意見を言い合い、気遣いながら、今の何でも言える家庭を築いてきたんでしょう。

彼女の人付き合いの器用さや包容力、コメントの瞬発力は、この家族から来ているんでしょう。

倉田さん、ますます応援したくなりました!

 

小口さんのお父さん、肉にもバチェラーの心にも火をつけた!

山梨の清里にある小口さんの実家は、モダンな「大人の隠れ家」的なレストランをやっていました。

お父さんがシェフということで、手料理のフルコースを振る舞っておもてなし。

ぶ厚い高級肉に慣れた手つきで包丁を入れるお父さん、ちょうかっこいい。

お父さんは何でもズケズケいう性格のようで、娘の小口さんも繊細で傷つきやすい人だとちょっとお父さんとは合わないかも..と言っていました。

でも、このお父さんがリク的に「ご家族MVP」を差し上げたいぐらい、バチェラーの気持ちに火をつけたと思います!

父「モテたでしょ?」

バ「いやあ、僕は自分で追うほうなので…」

父「追うタイプって怖いんだよ。自分のものになってしまうと満足して終わるってパターンがほとんどなんだよ」

バ「まあ、一般的にはそうでしょうね…。(いやいやいや、追って何が悪い?)」

負けず嫌いで、「追いたいエンジン」を持つバチェラーの心に火がついたようです。

父「たぶんうちの娘って、男から見たら小悪魔的で、何考えてるのコイツってみたいな所あると思うのね」

お父さん、さすがです。

娘が男性の前で見せる顔なんて、普通のお父さんはあまり知らないし想像もしたくないって気がしますが…

小口さんのお父さんはなかなか鋭い観察眼をお持ちのようです。

バ「ななこさんには、どういう方が向いてると?」

父「頭がいい人が好きでしょうね。一番嫌いなのはナヨナヨしたタイプ。一線でバリバリやって、輝いている姿を見るのが好きだよね。」

こんな感じで、お父さんとバチェラーは2時間以上もお酒を飲みながら、2人きりで語ったようです。

最後にはハグして、かなり打ち解けている様子でした。

そんなこんなで家庭訪問を終え、小口さんと抱き合いながら「離したくないんだよな」とつぶやいたバチェラー。

家庭訪問を終えた後、一番バチェラーの気持ちが燃え上がったのは小口さんでしょうね。

一時期は脱落も危ぶまれた小口さんですが、見事なV字回復をみせて大本命に返り咲き!

親子そろって、バチェラーを追いかけさせる手腕はお見事です!




まとめ

  • エピソード8では女性陣4名のご実家訪問の後、福良さんが脱落して残りは3名に!
  • 『このご家庭にして、この人ができたんだな』と感じ、歴史を知ることで女性陣を応援する気持ちがより強くなった!
  • 小口さんのお父さんが個人的MVP!親子ともども、バチェラーの気持ちに火をつけるのがうまい!

次回、6/22(金)配信のエピソード9では残る女性3名がバチェラーの実家でご両親に挨拶!

「そんじょそこらの女性には、アプローチしてほしくない」と言い放った、ラスボス.バチェラーの母を倒せる(気に入られる)のは誰だ?(笑)

倉田さんイチ推しのリク(@arco_riku)でした。

▼ ついに運命の女性が決定!バチェラーが最後に選んだのは…

▼ リクが斬る!バチェラージャパンの記事一覧

バチェラージャパン一覧

バチェラージャパン2の感想記事一覧

バチェラージャパン2」はAmazonプライム会員向けのプライム.ビデオで独占配信中です!

Amazonプライム会員は年会費3,900円、月換算で325円でAmazonからの送料無料(※)、30000点以上の豊富な映画.バラエティ.ドラマが見放題のプライム.ビデオが観られ、スマホの写真が容量無制限で保存できるなど、特典が10個以上付いて非常におトクです!
※プライム対応商品のみ。

>>Amazonプライム会員が月額制開始!メリット10個と入会.解約方法まとめ

▼ LINE@ではリク主催イベントやコラム.ブログ更新情報を配信中!
LINE@ガイドラインを確認する!

友だち追加









面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!