月9ドラマ「コード.ブルーSeason3」と過去作の感想~映画の脚本は林宏司さんに!!

月9ドラマ「コードブルー~ドクターヘリ緊急救命 Season3」の感想と脚本にダメ出し!

フジの医療ドラマ「コード.ブルー~ドクターヘリ緊急救命」に今更ハマったリクです、こんばんは。

あ、でもハマったのはSeason1.2ですから!現在放送中のSeason3ではありません!!!

残念!!(古い)

Season3の放送が「コードブルー」に興味を持つ入り口にはなりましたが、ネットで全シリーズ視聴して思ったことは…

「コードブルーSeason3の脚本、やっぱりダメダメだわ。Season1が最高に名作すぎて泣ける!」

「3が視聴率1位なのは過去の栄光と俳優人気のおかげに尽きる!」

ということです。

「コード.ブルー」の脚本家はSeason1.2は林宏司さんでしたが、Season3では恋愛ドラマを多く手掛けてきた安達奈緒子さんに変更されています。

もうね、3の脚本家さん(安達さん)に言いたい。

『コード.ブルーSeason1.2を100回ぐらい見てくれ!キャラの描き方も不自然だし、医療ドラマとしても色々オカシイぞ!!』

というわけで、コードブルー3のダメ出しとコードブルー1.2の個人的に大好きなエピソードを振り返ります!




放送中の「コード.ブルーSeason3」がクッソつまらない理由

今放送中の「コード.ブルー~ドクターヘリ緊急救命 Season3」がクッソつまらないので理由を考えてみました。

やっぱり脚本家が変わったせいか、キャラクターの言動にも医療ドラマとしても不自然な点が多くて感情移入できないんですよね。

「この人はそんなこと言わない!!!」

「てかこれって、医者としてどうなのよ?ダメじゃね?」

って思っちゃうんですよね。素人目に見ても。

Twitterやヤフコメを見てると恋愛要素イラネって叩かれてるけど、僕個人としては恋愛要素が入るのは別にかまわない。

みんな30歳過ぎたイイ年した大人なんだから、恋愛.結婚願望だってあるだろう。

自分の仕事だけでいっぱいいっぱいだった若手時代と違い、若手を育てたり自分の人生について考える余裕が出来てもいい頃だ。

脚本家のチェンジにブーイングが上がっているが、変えたのはそういう意味もあるんだろう。

今までと同じキャストで、今までとは違った部分に光を当てたかったんだろう。

でもねえ、ちょっとキャラクターの描き方が不自然で共感できないところがありすぎるんだよね。

 

キャラクターの描き方や言動に不自然な点がありすぎる

あれだけ緊迫した現場で日々助かる命も助からない命も見てきた冴島さんが、愛する人との間に授かった命を「まだ産むかどうか決めてない」的な発言をするのがまずどうかと思った。

女性にとって妊娠とはキャリアに少なからず影響を与えてしまうものだから悩む気持ちもあるんだろうけど、それなりにいい歳(30代半ば)で、ちゃんと好きな男と真剣交際して出来た子供を「産むかどうかで迷う」ってどうなんだろ。

「場合によっちゃ、おろすことも考えてたのかよ!」って思っちゃう。

命の大切さや、そう簡単に妊娠できるものでもないことは良く分かっているだろうに。

妊娠のチャンスはまたあるかもしれないが、無事授かれるかどうかは分からないし、授かったとしても同じ子はもう二度と宿らないのに。

他にも色々不自然で、例をあげればキリがないんだよね。

そして、緋山先生(戸田恵梨香)の不倫騒ぎ。恋におちる過程がすげー不自然で相手の男もムカつく!!

患者が多少好みだからって、ベラベラと心情や他の患者への処置内容まで喋るなよと。

あと、患者の背中を使って離婚届の証人欄にサインするな。

いくら優しくて患者に感情移入しがちな緋山先生でもそんな安易に患者の人生に介入するなよって思うし、よく知らない男に(それも患者…)住所を知られるような真似をするのも軽率。

相手の男.緒方も気に入らん。無駄にポジティブなのは良いところだと思うけど…

いくら離婚が決まっていたとはいえ…何だかな。

緋山先生に「何かあったの」「彼氏に振られたな」「笑っていた方が可愛い」などと気を持たせかねない言動をしてるのがうぜえ。

そういうキャラクターかもしれんが、最初っからタメ口だし、ズカズカと医師のプライベートな領域に踏み込んでこようとして馴れ馴れしい。

個人的にもオレ、そういうやつ嫌い。

だから、 緒方が出てくるだけで「もういいよ。頼むから、緋山先生を惑わさないでくれ!」ってなる。

もっと自然な過程で恋におち、恋に落ちても仕方が無い魅力的な男が相手なら素直に応援できるんだがなあ。

フェローの名取が緒方にライバル心むきだしで、「自分はいい医大を出たエリートで、あんたはしょぼい料理人。でも緋山先生が好きなのはあんただ」って言うのも医者としても人としてもオカシイ。

勝手に人の気持ち代弁しちゃダメでしょ、特に恋愛面においては。

かも医者と患者という関係性で。

もともと名取は医師としての心構えや資質に欠ける部分があるから、これくらい言っちゃうのかもしれないけど…

なんだか無理やり恋愛要素絡めようとしてて不自然。

藍沢も、ふだんクールで患者に感情移入しないくせにピアノ少女には入れ込みすぎでしょ。

わざわざ自分が手術できなかったことを言って謝る必要なんか全然ないし、安易に「君なら大丈夫」と言い、自分が手術するからと約束して受けさせるのもどうか。

これがおばあちゃんとか血縁者とか、(藍沢にはいないけど)彼女や妻子にあたるような大切な人なら分かるんだけど。

どうしてそこまで、あのクールな藍沢がピアノ少女には特別に思い入れがあるのかが分からない。

脳外科にいたときからの長い付き合いで、色々なことがあった患者なのかもしれないけど。

そこらへんが分かれば少しは感情移入できるのかもな。

そして、結婚式に向かうはずだったカップルが見知らぬおばあちゃんが踏み切りを渡ろうとしているのを助けようとし、男性だけが亡くなった第7話でのこと。

冴島さんが藤川先生に「もしおばあちゃんが踏み切りを渡ろうとしていても、私のために見捨てて。」と言ってしまったのもなんだかなあ。

そりゃ知らない人、それも先が短いおばあちゃんの命を救おうとして大切な人が亡くなってしまったら…

三度も大切な人を亡くすことになる冴島さんにとっては言葉では言い尽くせないほどの凄まじい悲しみだろう。

Season2でALSの元恋人を亡くし、3で藤川との間に出来た赤ちゃんも流産してしまっていた。

それで藤川まで亡くなったら…心の支えをなくしてボロボロになってしまうかもしれない。

先の短い知らないおばあちゃんを救うより、私のそばにいてほしい。いなくならないでほしいと言うのは確かにキレイごと抜きの本だろう。

もちろん職場で言ったわけじゃなく、藤川と車で帰宅するプライベートでの発言だしね。

でもさ…視聴者はどうしたって冴島さんは看護師として見ちゃうわけだから、そういうことはプライベートな場でも口にしてほしくなかったね。

「見捨てて」なんて言わせないでほしかったよ。

「もう大切な人を失いたくないから、ずっと私のそばにいてね」ぐらいで良かったじゃん。

看護師として、というより一人の女性としてそういう本音をもらしてしまうほど、藤川のことを大切に想っていて愛しているんだろうとは思うけどね。。。

ま、Season1のヘラヘラした落ちこぼれの藤川に厳しくツンケンしていた冴島との関係性を知っている身としては、

Season3で2人が仲良くしてるのを見ると
「あの2人がまさかここまで親密になるとはねえ。藤川やるじゃん!」とニヤニヤしちゃうんだけどね。

 

ひとつひとつの話が薄くて印象に残らない

Season1、2では印象的なエピソードがいくつも出てきて、感動したり、怒ったり、考えさせられたり、色々と感情が揺らされた。

それだけしっかり練られた、患者やキャラクター達の心情がよく描かれた話が多かった。

記憶に残るエピソードもたくさんあった。

たとえば、Season1で一番感動したのは6話の「無償の愛」。

藍沢のおばあちゃんが認知症を発症しながらも
「ひとりぼっちで頑張ってる耕作にお菓子ぐらい、いっぱい買ってやりたいんだよ!ばあちゃんに出来ることはこれくらいしかないから…」
とカゴいっぱい、両手に抱えきれないほどのお菓子を買っていたところ。

ここやばい、何度見ても涙腺崩壊する。

他にも…

  • 女子高生を装った投書でフライトドクターになれるよう応援する母の愛に涙する藤川
  • 白石をかばって腕を失い外科医人生を絶たれた黒田先生が10年前に別れたきりの息子に再会した話
  • トンネル事故でレスキューから避難指示が出たのに患者を見捨てず、ギリギリまで粘って5人で患者を救った話
  • 緋山がDNRオーダー(延命拒否)へのサインをさせずに子供の機器を外して遺族から訴えられかけた話
  • 駅の階段で将棋倒しになり、スキー板で串刺しになった男女3人の話…

 

Season1~2はざっとFODの配信で見ただけだけど、これだけエピソードを覚えてる。

もちろん、まだまだ記憶に残って忘れられないエピソードは沢山あるよ。

でもSeason3はあんまり印象に残るエピソードがないんだよねえ。さして感情も動かないし。

3で良いと思ったのは藤川と冴島が結ばれてほっこりするのと、第6話の臓器移植の話だけ

17歳の少年が脳死判定を受け、両親が臓器移植に同意してくれたおかげで移植待ちの6人の命が助かった。

あんなに全国から医者が集まってきて、それぞれ臓器ごとに摘出チームが決まってて、黙祷した後に分刻みで臓器を取り出して帰っていくんだな。

そういう普段知ることのできない、医療現場のリアルを見られるのも医療ドラマの魅力のひとつ。

脳死の少年と家族に最後まで寄り添おうとする緋山先生と、その姿に影響を受けて「臓器が無駄にならなくて良かった」などと言い放つほどドライだった名取の態度が変わったのは良かった。

それ以外、特に何もないのよなあ。

各話で描かれる患者や医者同士のドラマのひとつひとつが薄い。

つまり「どうしてそういう心情や行動になるのか?」って部分の掘り下げが甘いから視聴者がついていけなくて感情移入できないし、印象にも残らない。

その上、素人目に見ても「それって、医者としてダメなんじゃないの?」って思うくらい医師.看護師として不自然な言動が随所にみられる。

だから「なんでそーなるの?」「この場面で(医師として)そんな行動してもいいのか?」「医療ドラマだよね…これ?」とハテナがたくさん浮かんでしまうのだ。

脚本家は本当にちゃんと取材して書いてるのかなあ。

プロデューサーも演出家も監督も、この台本見て何も思わないの?OK出してるの?

もう医療行為のシーンだけじゃなく、脚本全体も医者に監修してもらったら?

シロートが見たって不自然だし納得いかないことばっかりだよ?

コードブルーはれっきとした医療ドラマだよね?お医者さんごっこじゃないよね?

今シーズンのドラマの中でぶっちぎりで視聴率1位ったって、それはSeason1とSeason2の脚本家やスタッフ、そして俳優たちが一生懸命作り上げた過去の栄光と俳優たちの人気のおかげ。

この内容でシリーズものじゃなく単発ドラマとして出ていたら…絶対こんなに視聴率取れてない!!!

それどころか、途中で打ち切りになってたかもね。

 

コード.ブルーはSeason1が最強におもしろい!

「コード.ブルー~ドクターヘリ緊急救命」はSeason1~3まで出ていますが、断然1が面白いです!

1 > 2 >>>> 3の順に面白いぞ!!

やっぱSeason1にかなう名作なし!

十人十色な患者の人生に真剣に寄り添い、医療技術のみならず医者として人間としても成長していくフェローたち…
藍沢のおばあちゃんや藤川のお母さん、患者さんたちと家族間の無償の愛…

大規模事故で手が足りない中で必死に患者を救う緊迫感…
やっぱSeason1の名作ぶりがあったからこその今だよ。

 

当たり前じゃない、いま心臓が動いて呼吸できて生きていられること。

コード.ブルーを観ていると思うこと。それは…

「いま心臓が脈打ち、自力で呼吸ができ、なんの痛みも無く過ごせてるのって当たり前じゃない」ということ。

それを思うだけでこの世に健康な五体満足の身体で生まれたこと、いま元気で生きていることに対する感謝の気持ちが芽生えてくる。

今どんなに元気な人でも先のことは分からない。いつ事故や病気等で命を落とすかも分からないのだ。

だったら今生きている日々を後悔無く生きよう。

やりたいことは全部やろう!やりたくないことはなるべくやらない!!

自分を惨めにするような環境にしがみつくな。自分で自分を幸せにしてあげよう。大事にしてあげよう。

本気でそう思う。

きっと思っているよりも人生って短いし、命って儚い。

人は、死にたくもないタイミングで死んでしまうものだから。

今がいつまでも続くことはないから。

だから、もし今いる環境が死ぬほど辛い環境なら逃げちゃえよ。

そして逃げるだけの気力.判断力を残しておくには、日ごろから自分と向き合い、自分を大事にしてあげないとね。

すべての人は、幸せになるために生まれてきたんだから。生涯の長さは関係ないよ。

世の中ってほんと広い!理解を超えた患者たちに真摯に寄り添うフェローたち

特にコード.ブルー Season1の患者たちはバラエティに満ちていて、ほんっとーに世の中は色んな人がいて、それぞれが色んな人生を生きていて、自分の理解の範疇を超えた人って沢山いるんだなと思った。

たとえば…

  • 鼻だけが折れてるのに階段から落ちたと言い張る、恋人からのDV被害疑惑のある女性
  • 閉所恐怖症でCTスキャンを拒否し、女性用ブラジャーをつけないと落ち着けないというコワモテの男性
  • 勉強しろとうるさい父親に黒魔術をかけてやったと言う少年
  • タイで性転換手術を受けた元男性
  • 注意を引きたくて自作自演の吐血騒ぎを起こした究極のかまってちゃん「ミュンヒハウゼン症候群」の男性

それらの患者たちと真剣に向き合い、寄り添っていくフェローたちの人間ドラマとしてもSeason1は最高に面白かった!

優れた医者というのはただ医療行為を提供するだけじゃない、患者さんひとりひとりの気持ちや人生に寄り添い、安心させてあげたり、励ましたり、心を溶かしたり出来る存在なんだなあと。

そんな人間的にもステキなお医者さん、リアルでは会った事ないけど…

そんなコードブルーSeason1で特に好きなのは第6話!最後は何度見ても泣けるのだ。。。

 

リクのいちおし!コード.ブルー Season1 第6話「無償の愛」あらすじ

藍沢(山下智久)のおばあちゃんが入院してきて、怪我のショックで認知症になってしまった。

藍沢は幼い頃に両親を亡くし、ずっとおばあちゃんに育てられてきたのだ。

おとなになった藍沢のことが分からず、「はじめまして」と挨拶するおばあちゃんにショックを受ける藍沢。

そんなおばあちゃんに付き添って売店に買い物に行く藍沢。

あれもこれもとカゴに入りきらないぐらいお菓子をたくさん入れ、それでもまだ両腕に抱えきれないぐらいのお菓子を買おうとするおばあちゃん。

藍沢「そんなに持てないし、食べれないだろ。どうすんだよ、こんなに買って…」

ばあちゃん「買わせておくれよ…

約束したんだよ、耕作と…

耕作に、お菓子をいっぱい買ってやるって約束したんだよ…。

ばあちゃんにはこんなことしか出来ないんだよ。

…頑張ってるんだよ。あの子はひとりで頑張ってるんだよ。

ひとりぼっちで頑張ってるんだよ。

だからせめて、お菓子ぐらい、いっぱい買ってやりたいんだよ…。

お願いだから…買わせておくれ…

ああ、これ耕作好きなんだよ。いっぱい買ってあげようね。喜ぶよ、耕作。

…」

もうね、何度見てもここで泣ける。涙腺崩壊する。

ハンカチ10枚要る。やばい。

僕にはまともな親がいなかったし、おじいちゃんおばあちゃんとの記憶も薄い。

それなのに、どうしてこんなに心揺さぶられるんだろうな。

心のどっかで無償の愛に憧れ、飢えているのかもな。

コードブルーの過去作品はFODで全話見られるよ!!マジでSeason1は名作だから、見てほしい!!!

 

【2017/9/19 更新】

コード.ブルー Season3 9話~最終回感想まとめ

  • こら藤川ー!患者のいる前で「フェローがドクターヘリで連絡できなかった」だの言うな!

普通に患者さんの前で灰谷のやつがヘリで連絡できなかったんだよ~。なんて言っちゃダメじゃないか?

 

  • 緋山も、患者に見つかるような場所で、医者と患者が個人的にすごく親しいと思われる会話をするなー。

料理人男が退出しそうで良かったけど!

でもそんな結論になるなら初めから手を出すな!

隔離病棟にあっさり一般患者のくせに入るし、

「(死ぬかもしれないのよ!?と怒られて)緋山先生となら、それもいいかな」

とまで言っておいてさ。あほか!

 

  • いまだにピアニスト少女を引きずって思い悩む藍沢はやっぱりわからん。

救えない患者なんて毎日発生するし、医者は神じゃないことは充分承知のはず。

命を救えただけ上出来だろうが。命より大事なものを奪っただと?

命より大事なものなんてないわ、ボケ!

 

  • そして冴島、まだ言うか。現場に来てまで藤川に「あなたが行く必要は無い」なんて。

この前の「おばあちゃん見捨てて発言」は、プライベートな場での発言だったからまだ許容できたけど。。。

現場で苦しんでる重症患者だって誰かの大切な人だよ。愛する人だよ。

その大切な命を救うためなら、最悪の現場でも駆けつけるのがフライトドクターだろ。

医者であってもそうじゃなくても先のことなんて分からない。

生きている間、精一杯自分の任務をやり遂げるだけ。

ま、大切な人ができると失うのが怖くなる、弱くなるのかもね。

そして最終話、広がってた話をとりあえず終わらせました!って感じだなあ。

悪くはなかったけど…

 

橘先生の息子は助かって良かった!

臓器移植関連の話はSeason1.2にもなかったし、移植を承諾する遺族側、移植を受ける側の心情が描かれていて良かったと思う!

 

藍沢も藤川も無事で何より。

あの5人が無事に帰ってこれて良かった!!

冴島の静止を振り切って子供を助けに行った藤川が重症を負い、「それでもフライトドクターはやめられない」と決意が固まったのは結果オーライなのかな。夫婦の絆も強まったようだし。

くぉら~!緋山!そんな男のどこがええんじゃあ!!!んもうっ!!

2018年、コードブルー映画化ね…

うーん、脚本をSeason1.2の林宏司さんに戻してくれるなら映画館でも観る!!

レンタル派だけど!!!!

まとめ

  • 月9ドラマ「コード.ブルー」はSeason1が断然、ゼッタイ面白い!ネットで過去シリーズ含めて全話見放題!
  • リクのおすすめはSeason1の第6話「無償の愛」!藍沢のおばあちゃんの愛に何度見ても涙腺崩壊…
  • コード.ブルー3のダメなところはキャラクターの描き方と医療ドラマとしての不自然さ!
  • もっと登場人物の心情や行動の経緯を掘り下げ、Season1,2のように「納得がいくドラマ」「感動するドラマ」を作って欲しいぞ!!

コード.ブルーのSeason1は日本一の医療ドラマだと思うリクでした。

なんとっ!名作のコード.ブルーSeason1が文庫化!

あの林さんの脚本でコードブルーの書籍版なんて…買うしかないじゃないかっ!

保存

保存

保存









面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪




恋愛相談のるよ~!
おトクな割引料金&先行案内も!
リクと友だちになってやってね♪

リクのLINE@の友だちになってやってください!

◆3つのLINE@友だち特典!

1.最速イベント先行案内と常時500円割引!

2.みんなが読みたいブログを書くため、アンケート配信!

→例えば…
「男性100人に聞いた!初デートでテンションがあがる女性の服装4パターン」
とか…
「女性100人に聞いた!連絡先交換後に男性からもらって嬉しいLINE、引くLINE」
とか!!

3.1:1トークでリクへの恋愛.人生相談OK!

→おかげさまで、毎週のように恋愛相談を頂いていますっ!
僕はイベンター歴7年半、1000人以上の適齢期男女と知り合って人間関係を紡いできました。
その経験を活かして真剣にあなたのお悩みに向きあい、一緒に考えます!!

返信には少し時間がかかりますが、気長に待ってください。100%、全力でお答えします!

回答内容の満足度も今のところ100%!(リク調べ)

友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!