サルでもわかる!WordPressをHTTPS化(常時SSL化)する方法を徹底解説~前編

サルでもわかる!WordPressブログをhttps化する方法~事前準備編

先日、ブログのSSL化を済ませたリク(@arco_riku)です、こんばんは。

WordPressの常時SSL(https化)設定作業、具体的に何をやれば良いのか分からないと悩んでいませんか?

前回の事前準備をある程度やっておけば、https化の作業は難しくありません。

  • 「https化はすぐ出来たけど、これから何をどう修正すれば良いのか分からない!」
  • 「アフィリエイトコードのhttps化ってどうすればいいの?」
  • 「https化に伴ってやるべきこと、全部詳しくおしえて!」

今回はそんなあなたのためにWordPressのhttps化作業について超具体的に、豊富な画像キャプチャつきで最初から最後まで手取り足取り、やさしく解説します!

「こうすれば出来るんだよ」というノウハウだけじゃなく、

「この作業はこのために必要。なぜならこうだから。」という作業の必要性を説明しながら作業の方法をくわしく解説していきます!

WordPressは孤独だけど自由で独立した素晴らしいシステムです。

何度でも言いますが、あなた以外の誰もあなたのブログを守っちゃくれません!

だからこそ”単にやり方を教える”んじゃなく、”あなたが理解して自分で出来るようになる”まで教えるのがこの記事の目的です!

https化はこの記事にそって一つ一つやっていけば、何も難しくありません!

一緒にがんばりましょう!

前提:リクのWordPressブログの環境情報

作業の解説に入る前に、リクのブログの環境情報を書いておきます。

サーバーやWordPressのバージョン、導入しているテーマやプラグイン、ASP広告等の違いによって、作業内容が異なる可能性があります。

だから、ネットの情報はあくまで参考程度に。https化の作業は、自己責任において実行してください。

  • サーバー:エックスサーバー
  • WordPressバージョン:4.8.1
  • テーマ:STORK(ストーク)
  • ブログ開設時期:2016年2月~
  • 作業時期:2017年9月上旬

 

簡単!WordPressのSSL化(https)の作業方法の解説~前編

①サーバ側の設定でSSL設定

httpsであなたのサイトを見れるようにするため、「サーバ側の設定でSSLを使います宣言」をします。

エックスサーバーの場合は、サーバパネルにログインして作業を行います。

※インフォパネルではありませんのでお間違いなく。

「SSL設定」をクリックします。

エックスサーバーならSSL設定の追加がサーバパネルから簡単! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。

エックスサーバーならSSL設定の追加がサーバパネルから簡単! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

プルダウンから設定対象のドメインを選んで、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

www.が付いていても付いていなくても、どっちでもアクセスできます。

エックスサーバーならSSL設定の追加がサーバパネルから簡単! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

そうすると、こういう画面になります。

エックスサーバーならSSL設定の追加がサーバパネルから簡単! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

httpsであなたのサイトが見られるようになるまで、最大1時間程度時間がかかります。

しばらくは、httpsでアクセスしてもこんな感じです。httpsで表示されるようになるのを気長に待ちましょう。

エックスサーバーならSSL設定の追加がサーバパネルから簡単! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

SSL設定が反映されるまでは、httpsでアクセスしてもブログは見えません。

ちなみに、この間でもhttpでのアクセスは問題ありませんので、あなたのブログの読者さんには何の影響もありません。

ブログが無くなった!?とパニックになる必要はありませんので、ゆっくり待ちましょう。

エックスサーバーならSSL設定の追加がサーバパネルから簡単! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編


② WordPress管理画面でサイトアドレスをhttpsに設定

しばらく時間が経つと、httpsであなたのサイトが見られるようになります。

まだサイト全体のhttps化が出来ていないので、不完全な状態ですけどね。

SSL設定を追加しただけでは、緑の鍵マークは出ません。 | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

httpsでサイトが見られるようになったら、WordPress管理画面にアクセスしてログインしましょう。

今までの管理画面のURLのうち、http部分をhttpsに変えてアクセスしましょう。

ログインしたら、【設定】 > 【一般】からサイトのアドレス2か所を設定します。

  • WordPressアドレス(URL):https://あなたのサイトアドレス
  • サイトアドレス(URL):https://あなたのサイトアドレス
https化後に管理画面でサイトアドレスを設定しよう | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

そのあと、画面下部の「変更を保存」をクリックしましょう。

この設定を行うと一旦、管理画面から追い出されます。もう一度ログインし直してください。

③ 内部リンクをhttpからhttpsに一括置換

今度は内部リンクをhttpsに置換しましょう。

内部リンクとはあなたのサイト内の別の記事やページに向けて貼るリンクのことです。

同じサイトの中の別の場所へ飛ぶためのリンクなので「内部」リンクです。

ちなみに内部リンクとは対照的に、あなたのサイトから別のサイトへ向けて貼るリンクを外部リンクといいます。

Yahoo!に飛ぶ

さてhttps化が出来たので、あなたのサイト内に張り巡らせてある内部リンクのURLもhttp→httpsに変えないといけません。

内部リンクの書き換えにはブログ記事本文の文字を一括で置換してくれるプラグイン「Search Regex」がとても便利ですので、インストールして有効化しておきましょう。

「Search Regex」を有効化したら、【ツール】 > 【Search Regex】とクリックします。

Search Patternに書き換える前の対象文字列を設定します。

つまり今回の場合は「http://あなたのアドレス」ですね。

Replace Patternに「これに書き換えたい!」という書き換え後の文字列を設定します。

今回は「https://あなたのアドレス」ですね。

それ以外の項目はデフォルト通りで大丈夫です。

この状態で「Replace」を押します。

「Replace」ボタンを押しただけでは、まだブログ記事の内容は書き換わっていませんのでご安心を。

「もし書き換えたら、こういうふうになるけど本当に大丈夫?」と確認してシミュレーションできるのです。

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

緑色でマークされた部分が、置換前のもの。

ベージュでマークされた部分が、置換後のものです。

ここはもの凄く重要なので、書き換え結果を徹底的に確認し、間違っていないかよおく、よおーーーーく見てください!

複数の書き換え結果が出てくる場合は、最初の1つだけをちゃんと確認すれば大丈夫です。あとはみんな同じ書き換えルールですので。

ここでミスすると、ブログ全記事の内部リンクがおかしくなります!!

◆確認すべき点

  • http://あなたのサイトアドレス → https://あなたのサイトアドレス に本当になっていますか?間違っていませんか?
  • 不要なスペースやスラッシュ(/)など、余計な文字が付いていませんか?(最重要)

置換でよく失敗しがちなのが、たとえばhttp://arco.linkから https://arco.link/ に変えちゃうパターンです。

これの何が問題なのか分かりますか?

…最後のスラッシュ(/)のあるなしです。

トップページのURLだけだったら
https://arco.link/(最後のスラッシュあり)だろうとhttps://arco.link(最後のスラッシュなし)だろうと、アクセスには何も問題ありません。

でも記事単体のアドレスへの内部リンクだったら…

下記の例でhttp://arco.link(最後のスラッシュなし)をhttps://arco.link/(最後のスラッシュあり) に置換してしまったら…

http://arco.link/wordpress
から
https://arco.link//wordpress

というふうにスラッシュが1つ多くなり、アドレスとして間違ったものになってしまいます!

これではアクセスできません!

なので、「Replace」ボタンを押した後に出てくる置き換え結果をよおーく見て、本当にこれで問題ないのか確認しましょう!

特に、Replace Patternに設定する書き換え後の文字列は、コピー&ペーストして絶対に間違いがないようにしましょう!

手入力してスペルミスなどがあれば、その間違った文字列で一括置換されてしまいますよ!!

よおーく確認して問題がなければ、「Replace&Save」ボタンを押しましょう。

このタイミングで、ブログ記事の内部リンクアドレスが一括で書き換わります。

この大変優秀な一括置換プラグイン「Search Regex」ですが、書き換え対象の件数があまりにも多すぎるとフリーズしてエラーを起こします(笑)

僕のブログの場合は4000件以上も書き換える内部リンクがあって、こんなエラーを起こしてしまいました。。。

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

このエラーの意味は、

「コラーーー!書き換えの仕事量が多すぎてこんな狭い場所(メモリ)じゃ、ムリだよ!」です。

「メモリ」とはサーバさんがお仕事をするための作業机の広さ、って感じです。

サーバさんが使えるメモリの量(作業机の広さ)は決まっています。

レンタルサーバなら、複数のみんなが同じサーバに同居しているので、1人が使える最大メモリ量にはある程度の制限がかかっています。

ジャイアンみたいなやつが1人で作業机を広く使って独占して、ほかのみんなが作業できなくなっては困りますからね。

だから、「あなたが使える机の広さ(メモリ)はこれだけだよ」と決められているのです。

僕の環境(エックスサーバー X10プラン)では、WordPressを動かすPHPのために必要なメモリは200Mまでに決められていましたが、このエラーを見るとメモリが268M以上ないと作業を完了できないよってことなのです。

4000件以上もある内部リンクを全部ひとつひとつ直すなんて、正気の沙汰じゃありません。

なので、一時的にメモリを増やします。

 

◆エックスサーバーの使用可能メモリの増やし方

エックスサーバーなら、サーバーパネルからメモリを増やせます。

ロリポップでもさくらでもこの機能はあるようですので、コントロールパネルをよく眺めてみましょう。

「php.ini設定」をクリックします。

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

「php.ini直接編集」をクリックします。

 

 

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編
php.iniは非常に重要なファイルです!

万が一、編集をミスしてサイト全体に影響が出ないように、編集する前にphp.iniの内容をコピペして、テキストファイルに保存しておくのをオススメします!自己責任でお願いします!!

僕の場合はmemory_limit = 200Mになっていましたので、これを512Mに増やしました。

これ以外は何も変更しません。

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

「設定する(確認)」をクリックするとずらずらっと設定が出てきます。

「設定する(確定)」をクリックすると、変更した設定が読みこまれます。

メモリを増やすことが出来たので、今度は「Search Regex」での一括置換がうまくいくはずです。

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

ほらね、4112件の置換が無事に成功しました!!

一括置換プラグイン「Search Regex」で内部リンクの一括書き換えに成功! | サルでもわかるSSL!WordPressブログをhttps化する方法を徹底解説~前編

このあともしばらく書き換え作業は続くので、それまではメモリはこのままにしておきます。

書き換え作業が終わったらメモリは元に戻しましょう。

これで、内部リンクのhttps化が完了しました!

次回予告:いよいよ一番面倒くさい広告の修正作業!

しかし、まだこれで終わりではありません!

むしろ、ここから先の修正のほうが手間がかかります。

アフィリエイト広告のコード、テーマやウィジェット内部、画像URLの変更を必要に応じてやらないといけません。

ここから先が一番、あなたのブログ環境によって作業内容に差が出るところです!

2017年頃からブログを始めて、まだGoogleアドセンスぐらいしか貼っていないよって方はそれほど作業はありません。

もっと前の時期からブログをやっていたり、複数のASP広告を貼っていたり、ファビコン(サイトのアイコン)、ヘッダー画像や背景画像をブログに設定していたりすると作業量は増えます。

僕のブログの場合はこの作業のボリュームが結構あったので、くわしい解説は次回に回します!

やった作業をひとつひとつ具体的に書いて説明していきます!

だから、「うちのブログの場合だと何を調べて何を修正すればいいんだろう…」という疑問は解消するはず!

【2017/9/8 更新】

まとめ

WordPressのSSL化(https化)作業解説の前編でした!

  • エックスサーバーならサーバパネルからSSL追加設定は簡単!
  • https化作業の最中もhttpサイトは普通に見られるから、ゆっくり焦らずにhttpsサイトの作業をしよう!
  • 一括置換プラグイン「Search Regex」は便利だけど、置換件数が多いとメモリ不足で使えないことも。一時的に増やすことで使えるようになる!

次回はいよいよ、アフィリエイト広告コードや画像、ウィジェット内部のリンク修正の具体的な解説へ入ります!

リクでした。









面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪




恋愛相談のるよ~!
おトクな割引料金&先行案内も!
リクと友だちになってやってね♪

リクのLINE@の友だちになってやってください!

◆3つのLINE@友だち特典!

1.最速イベント先行案内と常時500円割引!

2.みんなが読みたいブログを書くため、アンケート配信!

→例えば…
「男性100人に聞いた!初デートでテンションがあがる女性の服装4パターン」
とか…
「女性100人に聞いた!連絡先交換後に男性からもらって嬉しいLINE、引くLINE」
とか!!

3.1:1トークでリクへの恋愛.人生相談OK!

→おかげさまで、毎日のように恋愛相談を頂いていますっ!

※リクに相談する前に必ずガイドラインを読んでねっ!
僕はイベンター歴7年半、1000人以上の適齢期男女と知り合って人間関係を紡いできました。
その経験を活かして真剣にあなたのお悩みに向きあい、一緒に考えます!!

返信には少し時間がかかりますが、気長に待ってください。100%、全力でお答えします!

回答内容の満足度も今のところ100%!(リク調べ)

友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!


名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!