座間事件後も死にたいと検索する方へ。ぼっちで自殺する勇気はないけど早く楽になりたかった僕の話。

座間事件に思う、早く死にたい気持ちは悪じゃない。でも、真剣に考えてほしい。

神奈川の座間市で起きた9名殺傷事件(座間事件)に衝撃を受けたリク(@arco_riku)です。

僕も中学2年生~大学3年生の7年間は部活やクラスで浮いている“ぼっち”で、父親は早くに自殺していて母親も毒親でした。

その他いろんな問題を抱えており、本当に毎日が辛くて早く死にたい、今すぐ消えてしまいたいという思いを抱えながら無意識に生きてきました。

でも今はまったく死にたいと思いません。楽しく幸せに生きて32歳の誕生日を迎えることができました。

ずっと「早く死にたい」、「どうして生まれてきちゃったの?」と思い続けていた僕がたどり着いた答え。

それは、大抵の「死にたい」は「死にたいほど辛い現実から助けて欲しい」という気持ちだということ。

ネットで検索して今この記事を読んでくれているあなたへ。

「死にたいなんて言ってはいけない」

「どんなことがあっても自ら死んではいけない」

とは言いません!だって、あなたの人生ですから。生きるも死ぬもあなたに決める権利があります。

ただ、行動する前に真剣に考えてみて欲しい。

「本当に心の底から死にたい?今の辛さは、本当に死なないと解放されないものなのかな?」と。

死んでしまう直前に「やっぱ死ぬの無し!生きたい生きたい!キャンセル!」は出来ませんよ。

どうせ死ぬのは一瞬。だからこそ、真剣に自分の「死にたい」気持ちと向き合ってよく考えてみて欲しいんです。

座間事件の衝撃~本当に死にたい人はひとりもいなかった…

神奈川県座間市で起きた9人殺傷事件(座間事件)に、ひどくショックを受けました。

白石容疑者はツイッター等のSNSで「死にたい」とつぶやく若い女性に自殺願望者を装って近づき、自分のアパートに連れ込んで実に残酷な方法で殺害したのです。

被害者は高校生、大学生、20代など若い女性がほとんど。人生まだまだこれからだと言うのに、本当は死にたくなんかなかったのに、無慈悲に命を奪われてしまった被害者たちの無念を思うと胸が痛いです。

天涯孤独なリク
高校生ってアンタ…俺だって高校の頃は毎日死にたかったよ…本当に残念でならない…

 

白石容疑者は「『話を聞いてほしい』と言っていた。本当に死にたいと考えている人はいなかった」と供述しています。

白石容疑者は人間の皮をかぶった悪魔ですが、これは被害者にも落ち度があります。

自分の「死にたい」気持ちときちんと向き合わず、よく知らない男に安易に自分の命をゆだねたのですから。

ただ、そうなるまでに誰にも相談できずに追い詰められてしまい、正常な判断が出来なくなってしまったことには同情します。

被害者の方々のご冥福をお祈りします。願わくば、次の人生では笑顔に、幸せになれますように。



いじめ.毒親.存在否定…毎日消えたい思いを抱え続けた孤独な7年間

僕は中学2年生~大学3年生までの7年間、毎日ずっと「早く死にたい」と思って生きてきました。

クラスでも部活でも孤立していて「死にたい」気持ちを相談する友達もいなかったし、親も毒親で頼れる親戚もいないし、本当に孤独でした。

あー、ダンプカーでも突っ込んで来てくれないかな。痛みもなく、楽に消えてなくなりたいなあ。と、毎日思いながら通学していました。

だからネットを検索して、2ちゃんねる等のネットで気持ちを吐き出すしかありませんでした。

 

死にたいと言うと返ってくる”あるある”反応は何の慰めにもならない

しかし、返ってくるのはこんな定型文的な「あるある」反応。

「死にたいなんて言ってはいけない」

「お前より辛い人は世界中に沢山いる、贅沢だ」

「お前が死にたい今日は、昨日死んだ誰かがあんなに生きたかった明日だ」

正直、「はあぁ?バカかこいつらは?」と思いました。

どこかの誰かが死のうが生きようが、自分が「死にたい」と思う辛い現実は何も変わらないのに。

そんなの何の悩みもない、まともな家庭に育った人が言うキレイごとなんだなって反発しました。

でもね、今はこうして無事に32歳まで生きれています。今は人生楽しいですよ!いえーい!!

長年「死にたい」という思いを抱え続け、温かい人たちとの出会いで立ち直り、今はイベント事業で人と人をつなぐ仕事をして、いろいろな人たちの話を聞いて相談に乗っています。

だから思うのですが、大抵の「死にたい」は「助けてほしい、話を聞いて欲しい」であって、時間の経過や自分の考え方、または環境が変わることで解決する類の問題なのです。

死ななければ解放されない問題を抱えて「死にたい」と願う人は、そうそうネットでつぶやきません。方法だけ検索して、サイレントに去りますからね。

 

「死にたい」過去をブログに書いてから起こったこと

僕は以前に早く死にたい君へ。ぼっちの元自殺志願者の僕が伝えたいことという記事を書きました。

この記事は今でも毎日のように検索され、アクセスランキングのトップ20常連に入るぐらい読まれています。

読まれていることはありがたいのですが、ネタがネタなだけに喜べないし複雑な心境です。

こんな記事を検索する人がいなくなる世界になればいいのになあ。

この記事を書いたことで、共感も批判もたくさんたくさん集まりました。

 

死にたかった過去を書いたら「私の方が辛い」マウンティングされたw

批判は主にこういうものでした。

  • 「うつ病なめんな、きれいごとにしか聞こえない」
  • 「私は子供の頃からずっと死にたい。死にたい=生きたいではありません、広めないでください」
  • 「その程度で直る自殺願望とか、ファッション自殺願望かよw」

とか。

確かに僕にはうつ病のことは分かりません。人の痛みなんてしょせん分からないものです。

不愉快な思いをさせてしまったことには申し訳ないと思うけれど、自分のブログで自分の思うことを発信して何が悪い。

でもファッション自殺願望ですってよ。何その面白すぎる言葉!思わず笑っちゃいましたよ。

ネットでわざわざ「死にたい」と検索してこんな記事を読みにきて、しょうもないコメントをつける。

「死にたい」願望を盾にすれば他人を傷つけて良いと思ってるのかな?んん?

「私、死にたいんだから!もう死んじゃうんだから!お前より私のほうがずっと辛くて死にたくて可哀想なの!だから”その程度”で死にたいとかいわないで!」

という心の声が聞こえるようです。

これじゃ、死にたいと打ち明ける人に「そのくらいで死にたいなんて言うな」とキレイごとを吐く人とそう変わりませんよ。

あなたも辛いんでしょうけど、それを傘にきて他人を攻撃するようになっちゃダメです。

あなたは”その程度”のひと言で片付けたけど、”その程度”にどんな深い悩みや痛み,葛藤があったかなんて分からないでしょ?

いくらなんでも、ブログですべての思いや経験をさらけ出すわけにはいきませんから。書ける事も書けないことも、まあ色々~なことがありましたよ。

それでも何とか生きてきて、温かい人々に助けられて、今やっと「死ななくて良かった」と思えるようになったんです。

その気持ちを「きれいごと」と片付けるのは簡単だけれど、もう少しご自分と向き合って「死にたい」気持ちを真剣に考えてみては?

 

でも、共感してくれたり自殺を思いとどまってくれた方もいた!

その一方で、たくさんの共感や嬉しい言葉もいただけました。

  • 「私も同じような思いをしていたので、すごく心に響きました」
  • 「私は死ななくて良かったと思いました」
  • 「辛い気持ちを整理して相手に伝えることができ、長年のわだかまりが解けました」

初めは攻撃的なコメントやメールがたくさんきて、こんな記事書かなきゃ良かったのか?削除したほうが良いのか?と思ったけど、今は本当に書いて良かったと思っています。

だって、たった数人でも僕の書いた記事を読んで自殺を思いとどまってくれた人がいたから。

僕の書いた記事を読んで、自殺願望と必死に戦い、乗り越えてくれた人がいたから。

それって凄い奇跡だと思いませんか?

だから僕はこの記事を消すつもりはありません。大事な大事な、僕にしか書けない大切な記事です。




「死にたい」気持ちは”助けて”のSOS

「死にたい」という気持ちを抱えることは、決して悪いことじゃありません。

大抵の「死にたい」というのは「死にたいほど辛い。助けて欲しい」という意味だと捉えています。

だから、「死にたいのはどうして?」「本当の問題は何か?」とじっくり考えてみてほしい。

そして、できるなら信頼できる人に相談してみてほしい。

でもいきなり「死にたいんだけど」と言われたらぎょっとしますし、相手も対応に困ります。

だから、自分が「死にたい」と思った原因の辛い現実について周りの人に話を聞いてもらうのです。

「死にたい」と思うのはあなたの自由です。でも、人やネットに向かって「死にたい」という言葉を発信するのには慎重になったほうがいい。

人に向かって発信する言葉には気をつけないと、どんどん考えがネガティブになって、ネガティブな人を引き寄せてしまい、本当は死にたくもないのに二度と降りることの出来ない死のレールに向かってしまいます。座間事件の被害者の方々のように…

だから自分は本当は何に困っているのか。何が死ぬほど辛いのか。それをちゃんと突きつめて考えて、その話を聞いてもらいましょう。

失恋して死ぬほど辛いなら、
「失恋して(死ぬほど)辛い。話を聞いて欲しい。」で良いのです。

いじめが辛いなら、
「いじめられて(死ぬほど)辛い。もう学校に行きたくない。」と相談しましょう。

電話やメールで、24時間体制で話を聞いてくれる窓口もあります。

もし信頼できる人もいないし、話を聞いてくれる人がいないなら、僕があなたの話を聞きます。

ネットごしの、全く知らない人間だからこそ気楽に話せることがあると思います。

でも申し訳ありませんが、どうしても本気で死にたい人の相談には乗れません。だって、本気のあなたにネット越しの僕ができることなんて何もないから。

「死にたい」は自分の心からの「SOS」です。その原因をよく考えて、深堀してみましょう。

そうしたら、案外「なんだ、死ななくても大丈夫じゃん」って思えることのほうが多いと思います。

あわせて読みたい

リクの詳細プロフィール

 

死にたいなら死ぬ自由はある。でも本当に死ななきゃ解決しないの?

もう一度言いますが、「死にたい」と思ったら何がそんなに辛いのか、よく考えてみましょう。

あなたの人生ですから、死ぬ自由はあると思います。あなたのことを知りもしないし助けることも出来ない僕が、安易に「死んではいけない」なんて言えません。

でも、本当にあなたの悩みは死なないと解放されないのですか?

 

本気で死ぬしか無いと決めた人を引きとめることは、僕には出来ない

世の中は理不尽です。本当に死なないと逃げられない、解放されないほど辛い辛い現実もあるでしょう。

死ぬことよりも生きることのほうがずっと辛いと思えることだってあると思います。

そんな人にまで「死ぬなんて言うな。生きろ」なんて、僕はとても言えません。

無責任な外野が自己満足で自殺を止めるべきじゃない。だって、辛い現実を生きなきゃいけないのはその人なんだから。

本気の自殺を止めてもいいのは、本気でその人のことを助けてあげられる覚悟を持った人だけだと思っています。

たとえば僕の場合、全身動かせない寝たきりになって食事もトイレも人の世話になるハメになったら間違いなく本気で死にたいと願うでしょう。本気ですから、変な正義感を発揮されて死ぬのを止められても困ります。

もう治す手立てもなく、生きていてもムダにお金がかかり人に迷惑もかかる。やりたいことも何もできないし生きる価値がない。

家族でも他人でも毎日シモの世話をされなきゃいけないとか、そりゃ死んだほうがマシです。

あくまで僕がそうなったら、僕に対してそう思うってだけです。誤解の無いよう。

けど、死ななければ解放されないほどの悩みはそうめったにないと思います。

親の虐待や毒親ぶりが辛ければ、一日もはやく自立して親から離れればいい。

しつこく追いかけて支配しようとする親なら、自分の命を盾に遺書を書き、「これ以上追いかけてきたら死ぬ。」と言うと効果がありました。あくまでうちの親の場合ですけど。

本当に最悪の、もうどうしようもなく歩み寄れない場合の最後の手段ですのでコレは真似はしないほうが良いですが。

しかるべき手続きをすれば、戸籍の住民票の閲覧不可制限だってかけられますし、結婚しなくても親の戸籍から抜け出すことも出来ます。

いじめが辛いなら、スマホやICレコーダー、日記で証拠を取って訴えればいい。そこまでしなくても、学校を変えることだってできる。

スクールカウンセラーや教育委員会に匿名で相談することだって出来るでしょう。

あるいは、学校ではなく習い事教室やフリースクールなどに居場所を見出していく人もいるでしょう。環境を変えればいくらでも幸せに生きることは出来るんです。

 

あなたの今いる世界は案外狭い。幸せになれる道はきっとある!

あなたが今いる世界なんて、なんて狭くて小さいことか。視野を広げて外に出てみれば幸せになれる道はあります!

人間の悩みは、この3つのどれかがあれば大抵は解決するものです。

  1. 時間が経つ
  2. 環境が変わる
  3. 自分の考えや行動を変える

じっくり考えてみてください。

あなたの「死にたい」は本当に「死にたい」ですか?あなたは、どうして「死にたい」んですか?

その死にたい要因は、時間や環境が変わっても、自分の考えや行動が変わっても変わらないものですか?

誰か話をじっくり聞いてくれる人がいれば、この環境から助けてくれる人がいれば、楽になるのではないですか?

死ぬのは簡単だけど、キャンセルは利きません。もう一度じっくり、よく考えてみてください。

時間がかかったけど、僕は死ななくて本当に良かったと思っていますよ!毎日が楽しくて幸せです。

まとめ

  • 座間事件で殺された9名に本気で死にたい人はいなかった。あなたは本気で「死にたい」の?
  • 死ぬのは自由だけど、どうして死にたいのか。本当に死なないと解放されないのかはよく考えてほしい。
  • 話を聞いて欲しい人は、リクがLINEかメールで話を聞きます(期間限定)

座間事件をきっかけに、少しでも「死にたい」感情と真摯に向き合う人が増えることを祈るリク(@arco_riku)でした。

▼▼ぼっちで孤独だったけど今は充実して幸せ!リクが書いたおすすめのオピニオン記事

▼▼ 期間限定いのちのLINE!12月18日(月)までLINEかメールでリクがあなたの話を聞きます!

死にたいと悩んでいたけど、実は話を聞いてもらいたいんだなと整理できた方へ。天涯孤独でずっと死にたかったけど今は幸せなリクが話を聞きましょう!

それなりに重いテーマであり精神力をかなり使う内容ですので、本テーマに関する相談は12月18日(月)までの期間限定とさせて頂きます。

頂いた内容は秘密をちゃんと守りますし、他の人には一切口外しませんのでご安心を。

但し、本気のガチで死にたい方には何も出来ませんので、お断りします。「今死にます」とかLINEもらってもお返事できません。

返信は気長に待ってください。相談件数にもよりますが、たぶん3日以上はかからないと思います。

※相談前にはきちんとガイドラインを読んでくださいね。違反するものには一切お返事できません。

▼▼ リクにLINE@で相談する ▼▼
相談前にガイドラインを確認する!

友だち追加

▼▼ リクにメールで相談する ▼▼

出来る限り全力で、本音で、真摯にご回答させて頂きます!









面白かったらシェアして貰えると嬉しいです♪




恋愛相談のるよ~!
おトクな割引料金&先行案内も!
リクと友だちになってやってね♪

リクのLINE@の友だちになってやってください!

◆3つのLINE@友だち特典!

1.最速イベント先行案内と常時500円割引!

2.みんなが読みたいブログを書くため、アンケート配信!

→例えば…
「男性100人に聞いた!初デートでテンションがあがる女性の服装4パターン」
とか…
「女性100人に聞いた!連絡先交換後に男性からもらって嬉しいLINE、引くLINE」
とか!!

3.1:1トークでリクへの恋愛.人生相談OK!

→おかげさまで、毎日のように恋愛相談を頂いていますっ!

※リクに相談する前に必ずガイドラインを読んでねっ!
僕はイベンター歴7年半、1000人以上の適齢期男女と知り合って人間関係を紡いできました。
その経験を活かして真剣にあなたのお悩みに向きあい、一緒に考えます!!

返信には少し時間がかかりますが、気長に待ってください。100%、全力でお答えします!

回答内容の満足度も今のところ100%!(リク調べ)

友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜市在住、ひとりで過ごすことが大好きなぼっちイベンターのリクです!

「ぼっちだからこそ出来る、誰も置いていかず、全員を楽しませる10名前後の少人数イベントで、あとにつながる質の高い出会いの提供」がモットーです!



名前:リク
属性:アラサー男子
居住地:神奈川県横浜市
趣味:旅、食べ歩き、カラオケ、ウクレレ、動物観賞、ラフティング、ゲーム、読書

詳細プロフィールはこちら!